●サプリの選び方は? 食事と生活習慣とシナジー手法!

●サプリの選び方は? 食事と生活習慣とシナジー手法!

~薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの予防・治療・改善①~

●医薬品や毛髪医療治療、AGAクリニックで対策!

●医薬品や毛髪医療治療、AGAクリニックで対策!

~薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの予防・治療・改善②~

●生活習慣やシャンプー・育毛剤で改善!

●生活習慣やシャンプー・育毛剤で改善!

~薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの予防・治療・改善③~

●サプリの選び方は? 食事と生活習慣とシナジー手法! ●医薬品や毛髪医療治療、AGAクリニックで対策! ●生活習慣やシャンプー・育毛剤で改善!

■薄毛・抜け毛・AGA・ハゲのおすすめ予防・治療・対策

~育毛効果の薬・食事・サプリ・生活習慣~

第1章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの原因とメカニズム
第2章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの生活習慣や育毛剤での対策方法
第3章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲのサプリ・服用薬での対策方法
第4章 現在の毛髪医療と今後の課題
第5章 効果的な栄養成分の補給

●毛髪トラブルを解決する基本的なメカニズム

▲正常な毛髪サイクルとは

 薄毛や抜け毛の原因は人によって異なります。現在、毛髪医療について研究が進み、毛髪トラブルの解決法が数多く提唱されています。将来の為にも、薄毛・抜け毛・ハゲの対策をしていきたいですよね。
 毛髪トラブルによって、気分が落ち込みがちになったり、日常生活のストレスの原因になることがあります。

出所:「薄毛になるメカニズム」.『やさしくわかる!毛髪医療最前線』.毛髪医療特別取材班.朝日新聞出版. 2018,16p

まずは、正常な毛髪サイクルを見てみましょう。

正常なヘアサイクル
成長期 正常なサイクルでは2〜6年が毛髪の成長期
退行期 毛包が退縮する。期間は約2週間
 休止期 毛球が完全に退化する。期間は3~4ヶ月
その後新しい毛髪に押し出され、次の毛髪の成長期がスタート

上表の通り、成長した髪が本数抜けるのは自然な生理現象です。
本来の成長期を迎えられず、短く細い抜け毛が増えてきたら注意

 本サイトでは、多くの人に当てはまり、また、自信をもって推奨できる「薄毛・抜け毛・ハゲ改善の方法」を紹介しています。本サイトは、毛髪トラブルを解決する為に、毛髪医療について深く知る事と、生活習慣の改善が大切だと考えています。
 本サイトの目的は、読者の皆様へ、最新の研究結果も踏まえて、生活習慣から行える毛髪トラブルの改善法・毛髪医療法をご提供することです。
また、このトップページは、簡単な概要の記載だけなので、興味を持ったところは詳細ページを読んでみてください。

▲なぜ白髪はできるのか

 大人になるにつれて増えていく白髪。もとは黒やこげ茶の髪色から白髪に変わっていきます。また、若いうちから白髪が生え始め、悩む方も多いです。
 白髪はメラニンをほぼ含まない毛髪のことです。白髪になるのは、メラノサイトの働きが低下し、メラニン色素が作られなくなる事と、毛母細胞に色素が受け渡されなくなることで発生します。メラノサイトの働きが低下する原因は加齢だと考えられていますが、深い部分は実証されていません。
10代や20代のうちから白髪や抜け毛が目立つ方は、遺伝・ストレス・高熱・薬の副作用の影響があると言われています。

▲AGAとは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。 成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
 AGAは、発症するとヘアサイクルの成長期が短縮され、髪の毛が十分に成長しきらずに抜けてしまうため薄毛や抜け毛が進行します。AGAは円形脱毛症とは違い、症状はゆっくりと進行します。
なお、男性だけでなく女性にも同じような症状が存在することから最近では「女性型脱毛症」という言葉も浸透しています。

▲円形脱毛症とは

円形脱毛症は特に前兆の症状はなく、髪の毛が一気に抜け落ちるのが特徴です。円形脱毛症はAGAとは違い急激に悪化することがあり、予防が難しい病気です。

●抜け毛・薄毛・AGA・ハゲ対策のおススメの改善法・育毛習慣!

▲「抜け毛・薄毛・ハゲ対策」のまとめ

本サイトは、第1~5章を通して、毛髪・頭皮の問題のメカニズムとその対策を広く網羅的に紹介しています。以下が対策法のまとめです。

【本サイト「抜け毛・薄毛・AGA・ハゲの予防・治療・改善の対策」のまとめ】

対策1: AGAと脱毛症の自己診断のセルフチェックを参考にし、アンチエイジングに努める。
対策2: シャンプーは頭皮環境を整える有効成分入りのものを選ぶ。とくにスカルプケアシャンプーは、頭皮を健やかに保ち育毛効果を生む。
対策3: ジェネリック医薬品は、新薬と同じ栄養成分を同量含有し、効き目も安全性も同等。使用法をよく読み服用する。
対策4: 薬に依存しないようにする。とくに重症であるほど強力な薬の副作用に注意する。
対策5: 髪の毛を育てやすい頭皮環境を作る為に、植物性シリカやツバキ種子エキス、コラーゲンペプチド、ケラチン加水分解物、大豆イソフラボン、GABA、亜鉛、ビタミンなどを積極的かつ高い吸収性のある性状のサプリメンとから摂取するようにする。体に優しく、長期的に、安定して内側・体質から改善していくためには「サプリメント」が最もおすすめと言える。
対策6: スパイス類、たんぱく質豊富な肉や魚は体を温め、血流改善をサポートする。他にも、ビタミン類、クエン酸、海藻類、こうじ、お酢なども日常の食事・食品からできるだけ補給する。
対策7: コスト面、安全性、効率性の総合的視野から、「サプリ」に加えて「食事と生活習慣」の改善によるシナジー効果を出すことが、長期的な好スパイラルを作り出し、「継続的は力なり」を実現する対策となる。

▲おススメのサプリメントと、薬品・医療・他方法

本気で有効な抜け毛・薄毛・ハゲの予防対策を行いたい場合は、長期的な観点から、サプリメントが非常におススメである理由

は次の通りです。

現実的に考えて、有効な成分を、「推奨量を加味して摂ること」、「バランスよく各成分を摂取すること」、「おいしく食べること」、「毎日の食事の他の栄養バランス」、「適切なタイミングで食べれること」「食べ過ぎないこと」、「多数の成分を取る場合のコストが高すぎないこと」というすべての観点から、サプリメントがもっとも優秀であり効率的になります。
また、サプリメントの1つの強みとして、健康ダイエットとのなどの生活習慣病の予防や美容習慣などとも両立したりシナジー効果を出せることも大きなポイントです。

とりわけ、医薬品と違い、完全に食品(栄養補助食品、健康補助食品)である観点から「安全性が高く」、人工製造または化学合成された医薬成分どころか、食品添加物すらもほとんどない(全くない)サプリメントや天然由来成分メインのサプリメントもあることなど、外からの塗布だけでなく、長期的に継続して「体の内側から改善していく」という観点で、食品であるサプリメントが体に優しいといえることでも、最もおおススメとなります。
さらに、サプリメントは食品なので、「医薬品・薬品成分への依存症」や「医薬品の副作用」の恐れなどもありません。ただし、目安摂取量は守ることは大切です。

おススメかつ人気の有効成分を効率よく摂取するためには、バランスの良い食事と一緒にサプリメントを併用しましょう。
中には、食品には含まれない成分もあるので、足りない分をサプリメントで補う形で併用してみてください。

▲薄毛・ハゲの予防・対策として効果のある超おススメ成分

多数ある栄養成分の中から、本サイトで厳選した「毛髪を作る超おススメ成分」「血管・血流を改善する超おススメ成分」と、その次に日常的な食事から補足的に補給すると良いだろう成分を紹介します。

「髪・毛根を作る」
超おススメ成分

・植物性ケイ素(シリカ)
・コラーゲンペプチド
・ケラチン加水分解物
・亜鉛
・ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンE

「血流・血管を改善する」
超おススメ成分

・ツバキ種子エキス
・植物性ケイ素(シリカ)
・大豆イソフラボン
・GABA
・コラーゲンペプチド

【補足】その他日常の食品で補給クエン酸、海藻類、ポリフェノール、スパイス、こうじ、酢

また、本サイトがメーカーによる成分原料の説明や、臨床試験データ、情報量の多さなどの調査結果の分析から、特におススメの厳選の成分は「植物性シリカ」「ツバキ種子エキス」「コラーゲンペプチド」「大豆イソフラボン」「ケラチン加水分解物」「GABA」などです。

このような成分が入っているサプリメントを検索していろいろ探してましょう。
もちろん、「本サイトの他の紹介している成分」などあるので、もいろいろな組み合わせて探してみてください。
サプリメントではなく、日常の食事で取り入れることもできます。

▲サプリと食事の両立と生活習慣のシナジー効果

まさに「継続は力なり」であり、総合的かつ長期的な視点で考えた結果、本サイトでは、やはりサプリメントが一番効率的で長続きしやすいものとしておススメされます。
サプリメントは最もおススメですが、決してサプリメントだけが良いのではありません。髪の健康を保つために、原因菌の増殖と炎症を抑える成分が配合された「シャンプー」で予防につとめ、症状が出たら、放っておかずにすぐにサプリや場合によっては医薬品で対処することが大切です。新陳代謝が「ストレスや不規則な生活」「不適切な生活習慣」などの理由で乱れると、はがれるべき角質が毛穴に残り、皮脂がたまってしまうことがあります。
「サプリメント」に加えて、「食事」さらに「生活習慣」でも髪・毛根を健康的にしていくように長期的な好パイラルを生み出すシナジー効果を上げていきましょう。食事とサプリを上手に取り入れ、ストレスフリーな体を目指しましょう。

▲最新の医療方法の知識も少しずつ蓄えよう

 本サイトでは、できるだけ多くの視点から、薄毛・抜け毛・AGAの問題について真剣でかつ総合的な調査分性とその結果から導かれる推奨方法を提案していくことを目的にしてます。
 そのために、まだ早すぎると感じるかもしれませんが、サプリや生活習慣、医薬品だけでなく、最新医療の世界についても少し知識を共有したいと思います。医療の世界でも、この課題解決に向けた目標設定と努力により、LEDの新しい毛髪治療法やiPS細胞による再生医療の研究が進められています。日本発の技術で多くの患者が救われている現在の毛髪医療。今後の課題についても見ていきましょう。
たとえば、すでに、LEDの光を照射し、育毛を促す治療が臨床の現場で始まっています。赤色ナローバンドLEDが発毛や育毛を促進していることも科学的に解明されました。こういったことは、今すぐには行わないとしても、将来の選択肢の幅を増やすために、基礎知識として触れておくだけでも良いかもしれません。

ここまで説明してきた対策については、詳細説明や背景について各章の個別ページを参考してください。ここからは、本サイト全容を目次的に簡単にご紹介します。

▲『薄毛・抜け毛・AGA・ハゲ対策~毛髪医療と生活習慣で毛髪トラブルを改善しよう〜』サイト全体構成

第1章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの原因とメカニズム
   ~毛髪トラブルの原因は?セルフチェックをしてみよう!~

第2章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの生活習慣や育毛剤での対策方法
   ~生活習慣から毛・抜け毛・ハゲの対策方法を知ろう!~

第3章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲのサプリ・服用薬での対策方法
   ~医薬品でAGA薄毛対策!栄養素を手軽に補給しよう!~

第4章 現在の毛髪医療と今後の課題
   ~現在の毛髪医療について知ろう!今後の課題は?~

第5章 効果的な栄養成分の補給
   ~育毛・発毛効果がある成分を補給!~

補足 「薄毛・抜け毛・AGA・ハゲ対策」当サイトについて

ここからは、本サイトの内容を目次的に簡単にご紹介します。

●薄毛・抜け毛・AGA・ハゲを生活習慣から改善!

第1章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの原因とメカニズム

~毛髪トラブルの原因は?セルフチェックをしてみよう!~

▲薬に頼る前に、毛髪のメカニズムを知ろう

 まずは毛髪トラブルの原因と症状からを知りましょう。最近、抜け毛が多くなった、髪が薄くなってきていると不安を感じていませんか?今は心配なくても、髪の健康を保つには、体の外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。
あなたの髪の症状や日ごろの生活習慣をセルフチェックし、早めの対処で髪の健康を守りましょう。
次のような症状がある場合は髪トラブルのある可能性が高いので注意しましょう。

・次のような症状があったら、髪トラブルに注意!

・抜け毛が多い
・髪が薄くなってきた
・髪がパサつく
・細くなり、コシもなくなってきた
・頭皮にカサブタが出来やすい
・生活が不規則である

<第1章の各ページ・テーマ>
◎AGAと脱毛症の自己診断!セルフチェックリスト
◎AGAと脱毛症の種類
◎アンチエイジングと健康
◎AGA診療ガイドラインの変更

■AGAと脱毛症の自己診断!セルフチェックリスト

今あなたは髪の悩みがありますか?まずはAGAのセルフチェック(自己診断)をこのサイトで行ってみることをお勧めします。

 髪の毛が成長し、抜けてまた新しい毛が生えるのを繰り返すことをヘアサイクルといいます。AGAが発症するとヘアサイクルの成長期が短縮され、髪の毛が十分に成長しきらずに抜けてしまうため薄毛や抜け毛が進行します。AGAは円形脱毛症とは違い、症状はゆっくりと進行します。

髪の本数は日本人では平均約10万本といわれ、1本1本は2~6年のヘアサイクルで生え変わっています。頭皮の中にある毛根には、毛母細胞と呼ばれる細胞が存在し、細胞分裂を繰り返して髪を成長させています。

 毛母細胞の働きが衰えてヘアサイクルが乱れると、髪がやせ細ったり、抜けたり、抜け落ちた毛の後に新しい毛が生えてこなくなったりします。これが薄毛や脱毛で、遺伝的要因や生活習慣などが複雑に絡み合って起こります。この場合も早期のケアで予防・改善が可能ですから、気になる症状があれば専門医に相談してください。

●薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの原因を生活習慣から改善!

第2章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲの生活習慣や育毛剤での対策方法

~生活習慣から毛・抜け毛・ハゲの対策方法を知ろう!~

▲睡眠、運動、シャンプー・発毛剤・育毛剤、AGAクリニック

最近、抜け毛・薄毛に悩む方が増えています。ペタッとしたボリュームのない髪の毛は、実年齢よりも老けて見えるので嫌になっちゃいますよね。
実は、頭皮は非常にデリケートです。男性の頭皮は皮脂の分泌が多く、ベタベタしやすい傾向にありますが、反対に女性の頭皮は皮脂が少なく、乾燥しやすい傾向にあります。育毛効果や発毛効果を生む育毛剤や発毛剤、普段からできる抜け毛予防を紹介していきます。

<第2章の各ページ・テーマ>
生活習慣での対策と効果について
運動・睡眠・ストレス対策
自分でできる頭皮マッサージ
育毛剤・発毛剤・シャンプー
AGAクリニックはおすすめ?

■生活習慣でストレスフリーな体を目指す

 バランスよくしっかりした食事から栄養成分を取る事が大事です。特に女性は、鉄分や亜鉛、タンパク質を含む食品が不足しがちなので、意識して栄養をとるようにしてください。また、肉類やお菓子などに多く含まれる脂質は、とり過ぎると動脈硬化などで血流が悪くなるため、頭皮に栄養が行き渡らない状態になって抜け毛を誘発します。脂質をとる時は体に良い不飽和脂肪酸を含む魚類や植物油を多めにとるようにしましょう。場合によっては、サプリメントで補給しても良いです。
また、毛髪トラブルにお悩みの方は、食事改善とサプリを上手に摂取する事で、毛髪トラブルを予防・改善しやすくなります。その為、様々な手法のなかでもサプリメント摂取や食事改善がおすすめ。髪のケアをしっかりと行いましょう。

■生活習慣でストレスフリーな体を目指す

髪の洗いすぎにも気を付けましょう。皮脂は本来綺麗な物です。汗をかきやすい方は毎日洗っても大丈夫ですが、乾燥肌の人は髪を洗いすぎない方がいいです。2日に1度くらいがベスト。洗っていない翌日は髪が多少べたつくこともありますが、髪がつやつやして綺麗に見えます。
髪を洗ったらドライヤーは必須。髪の根本をしっかり乾かしましょう。濡れたままだと頭皮が蒸れてしまったり、皮脂が余分に出るなど薄毛や抜け毛になるもとになります。まずはタオルドライをしっかりと行い、地肌をドライヤーで乾かすようにしましょう。

■オススメの薄毛予防対策シャンプー

 抜け毛対策に大変有効なのが、毎日のシャンプーです。髪が生え続けるために必要な頭皮環境を整えてくれる有効成分が入っているものを選びましょう。育毛効果と発毛効果を発揮します。スカルプケアシャンプーは、頭皮を健やかに保つ成分が入っているのでオススメ。洗浄力が強すぎるシャンプーは、汚れだけでなく、肌に必要なうるおい成分まで取り去ってしまうため、頭皮に少なからずダメージを与えます。
また、アミノ酸系のシャンプーは、ほどよい洗浄力で頭皮に必要なうるおいバリア機能を残し、頭皮から有害な物質が入り込むのを防いでくれます。

●薄毛・抜け毛・AGA・ハゲを医薬品や毛髪医療治療(AGAクリニック)で予防!

第3章 薄毛・抜け毛・AGA・ハゲのサプリ・服用薬での対策方法

~医薬品でAGA薄毛対策!栄養素を手軽に補給しよう!~

▲医薬品とサプリの対策について

発毛や育毛効果を促すサプリメントは、市販での販売もあります。1類医薬品として医療機関で処方されるお薬と同量の成分を配合しているものもあり手軽に手に入りやすく、患者の自己負担軽減にもつながっています。アンチエイジングの為に飲まれる方も年々増加しているのも特徴。
市販薬はその人一人一人のための薬ではなく万人が問題なく使用するために作られているため、効果はひとそれぞれ。自分の状態に合わせて、しっかりとサプリメントを選ぶことが重要なポイントです。

<第3章の各ページ・テーマ>
医薬品でのAGA薄毛対策効果
効果的なジェネリック医薬品
医薬品の副作用について
おすすめは、サプリ又は食事?

■ジェネリックがもたらす薄毛対策効果

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量含有し、効き目も安全性も同等です。また飲みやすくなるよう工夫したサプリメントを開発することもあり、添加剤の違いや、形や大きさが違うものがありますが、効き目や安全性に違いはありません。新薬は特許期間中に多くの患者さんに使用され、その効き目と安全性が十分に確認されています。ジェネリック医薬品は新薬と有効性・安全性が同等である治療薬なことを生物学的同等性試験により確認しています。

■食事とサプリの上手な取り入れ方

 サプリメントは最もおススメですが、決してサプリメントだけが良いのではありません。髪の健康を保つために、原因菌の増殖と炎症を抑える成分が配合された「シャンプー」で予防につとめ、症状が出たら、放っておかずにすぐにサプリや場合によっては医薬品で対処することが大切です。
もちろん、現実的に考えて、有効な成分を、「推奨量を加味して摂ること」、「バランスよく各成分を摂取すること」、「おいしく食べること」、「毎日の食事の他の栄養バランス」、「適切なタイミングで食べれること」「食べ過ぎないこと」、「多数の成分を取る場合のコストが高すぎないこと」というすべての観点にといては、サプリメントがもっとも優秀であり効率的になります。
また、サプリメントの1つの強みとして、健康ダイエットとのなどの生活習慣病の予防や美容習慣などとも両立したり、シナジー効果を出せることも大きなポイントです。
まさに「継続は力なり」であり、総合的かつ長期的な視点で考えた結果、本サイトでは、やはり「サプリメント」が一番効率的で長続きしやすいものとしておススメされます。次に、「食事」、さらに「生活習慣」でも髪・毛根を健康的にしていくようにシナジー効果を上げていきましょう。食事とサプリを上手に取り入れ、ストレスフリーな体を目指しましょう。

▲現在の毛髪医療は?薄毛・抜け毛・ハゲへの育毛効果を生む再生医療

第4章 現在の毛髪医療と今後の課題

~現在の毛髪医療について知ろう!今後の課題は?~

再生医療は、主に病気、けが、障害などで失われた人体組織とその機能を組織再建や細胞治療により回復させる治療法です。現在の毛髪医療はどうなっているのでしょうか?
課題解決に向けた目標設定と努力により、LEDの新しい毛髪治療法やiPS細胞による再生医療の研究が進められています。日本発の技術で多くの患者が救われている現在の毛髪医療。今後の課題についても見ていきましょう。

<第4章の各ページ・テーマ>
LEDの光が発毛を促進
自毛植毛について
毛髪再生医療の可能性

■LEDの光が薄毛・抜け毛・ハゲに発毛効果を生む

LEDの光を照射し、育毛を促す治療が臨床の現場で始まっています。赤色ナローバンドLEDが発毛を促進していることも科学的に解明されました。新しい治療法として注目されているLEDはなぜ発毛や育毛に効果的なのでしょうか。
LEDは皮膚科の治療として以前から使用され、傷を治したり、皮膚の色素沈着を取り除く面で一定の効果がある事が分かっていました。皮膚科では紫外線やレーザー光などの光を使った治療が行われており、海外でも高レベルレーザーを病巣にピンポイントで照射し、その熱で細胞を破壊する治療も行われています。
皆さんがご存じのがんの放射線治療もその一例です。また、低レベルレーザーも血行を促進したり、生体を活性化する効果があることが知られています。
脱毛治療に効果があるのはレーザー光ではなく、よりエネルギー量の少ないLEDを使って、それを毛髪に応用するというものです。医療の現場でLEDは有用な治療になることが分かっているのです。

●食事やサプリメントで薄毛・抜け毛・ハゲを予防しよう!

第5章 効果的な栄養成分の補給

~育毛・発毛効果がある成分を補給!~

▲育毛・発毛効果を促進する栄養成分

髪の悩みの原因として見落とされがちなのが栄養不足です。食事をしっかり摂っていても、その栄養が足りているとは限りません。栄養成分は、身体の一部である髪の毛にも影響するため、髪の毛の成長にも大きく関わってきます。
そのため、全身の機能を正しく働かせる栄養バランスのとれた食事が欠かせません。また、栄養バランスが整っていても、1日の食事の回数や時間がバラバラであれば、身体の栄養吸収効率が落ちるため効果的ではありません。
毛髪トラブルにお悩みの方は、生活習慣と食事に気を付ける事で、毛髪トラブルを改善しやすくなります。では、どんな成分や食事が薄毛対策に良いのかご紹介します。

<第5章の各ページ・テーマ>
毛根を作る成分
毛細血管・血流を良くする成分
食品から栄養成分を補給!

▲毛髪を作るおススメ成分

薄毛・抜け毛・ハゲの悩みの原因として見落とされがちなのが栄養不足です。食事をしっかり摂っていても、その栄養が足りているとは限りません。食事から摂取する栄養は、身体の一部である髪の毛にも影響するため、髪の毛の成長にも大きく関わってきます。

【髪・毛根を作る超おススメ成分】
植物性ケイ素(シリカ)
コラーゲンペプチド
ケラチン加水分解物
亜鉛
ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンE

■植物性ケイ素(シリカ)

ケイ素はSi(シリコン)であり、通常は酸素と結合してシリカ(=二酸化ケイ素/SiO2)の形で存在することが多い成分です。ケイ素は、水晶やガラスの主成分でもあり、人体の中でも硬い部位に比較的多く使われており、髪をはじめ、爪、皮膚、骨においても重要な成分となります。ただし、人間が食して吸収して体内で使うためには、植物由来である非晶質のケイ素(=水溶性)である必要があります。
食事から非常に摂るのが難しいミネラルであるため、サプリメントをお勧めする一つの大きな理由となります。しかも、現時点では、医薬品では植物性ケイ素(シリカ)をメインとしたものが一つも存在していない、こともサプリが有利な点となります。

ケイ素(シリカ)が多く含まれる食べ物:大麦、小麦、じゃがいも(皮)、アスパラ(※ただし、これらも含有量は高くないことは留意)

■コラーゲンペプチド

東京医科大学の研究でこの毛髪に使われるコラーゲンは、加齢とともに体内から減少していくことが判明しています。
コラーゲンペプチドは、一般的なコラーゲンよりも細かく小さい分子でできており、体内に吸収しやすいことが分かっています。

▲血管・血流を改善するおススメ成分

血流を良くして、全身の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることは、毛髪と毛根、頭皮だけでなく、健康的な体づくりのためにも欠かせません。
毛髪と毛根、頭皮に悪影響を与える「血液がドロドロになる状態」の主な原因のひとつとして、食べすぎや飲みすぎによって、血液中の脂質や糖質が増えてしまうことが挙げられます
血液がドロドロになり、血流が悪くなっているサインは、髪の毛や毛髪をはじめ、さまざまな症状となって現れます。
多数ある栄養成分の中から、本サイトで厳選した「血管・血流を改善する超おススメ成分」を以下にまとめています。その次にそれぞれを個別に紹介しています。

【血管・血流を改善する超おススメ成分】
ツバキ種子エキス
植物性ケイ素(シリカ)
大豆イソフラボン
GABA
コラーゲンペプチド

■ツバキ種子エキス

ツバキ種子エキスは、薄毛改善のために、頭皮の毛細血管の血流改善・活性化の科学的な臨床試験が行われて、その効果がすでに実証されています。「育毛剤としての特許」も取得されており、試験結果も特許も公開されているものです。
試験内容としては、44~65歳の薄毛の男性の被験者6名に、ツバキ種子エキス200㎎を摂取させ、摂取前と摂取30分後、60分後の頭皮の血管の活性度を測定する試験が行われました。その結果、当方の血流が増加する、ということが実証されてています。
このツバキ種子エキスの成分は、アンチエイジングの働きがあるため 髪トラブルでお悩みの方はぜひ摂取していただきたい成分です。これらは食事からの栄養摂取がオススメです。また、毎日食品から摂ることは難しい方はサプリメントなどで上手に補っていきましょう。

■大豆イソフラボン

男性ホルモンは、抜け毛や薄毛などに関わっていますが、ホルモンバランスを整える働きをするイソフラボンが、血流を整えることも含めて、毛髪・毛根に良い影響を与えます。具体的には、大豆イソフラボンは、男性ホルモンの働きを抑制して、女性ホルモンを活性化する働きがあります。そのため、いろいろな毛髪系のサプリメントに利用されているおススメ成分の一つです。
大豆イソフラボンが多く含まれる食べ物:納豆、大豆、豆腐、豆乳

■GABA

GABA(ギャバ)とはアミノ酸の一種で、ストレスを軽減させる効果やリラックス効果があることで注目されている成分です。
GABAによる、これらの効果のもとになる一つのメカニズムが、血管を拡張して血流を改善する働きです。GABAは、血流に対する機能でもストレス軽減の意味でも、毛髪に良い影響を与えるおススメの成分です。

GABAが多く含まれる食べ物:発芽玄米、大麦、ギャバロンティー(茶の葉)、モリンガ

■抜け毛・薄毛・AGA・ハゲ対策の具体的な方法まとめ

本サイトでは、「抜け毛・薄毛・ハゲ改善の3つの方法」として、「①生活習慣・食事の見直し)」「②医薬品・毛髪医療治療(AIGクリニック)」「③栄養成分の積極的な摂取(サプリ・食事等)」の3つに大別して、それぞれの方法について、より具体的な治療対策を説明してきました。その具体的な個々の抜け毛・薄毛・ハゲ対策を簡単に以下にまとめています。

【本サイト「抜け毛・薄毛・AGA・ハゲの予防・治療・改善の対策」のまとめ】

対策1: AGAと脱毛症の自己診断のセルフチェックを参考にし、アンチエイジングに努める。
対策2: シャンプーは頭皮環境を整える有効成分入りのものを選ぶ。とくにスカルプケアシャンプーは、頭皮を健やかに保ち育毛効果を生む。
対策3: ジェネリック医薬品は、新薬と同じ栄養成分を同量含有し、効き目も安全性も同等。使用法をよく読み服用する。
対策4: 薬に依存しないようにする。とくに重症であるほど強力な薬の副作用に注意する。
対策5: 髪の毛を育てやすい頭皮環境を作る為に、植物性シリカやツバキ種子エキス、コラーゲンペプチド、ケラチン加水分解物、大豆イソフラボン、GABA、亜鉛、ビタミンなどを積極的かつ高い吸収性のある性状のサプリメンとから摂取するようにする。体に優しく、長期的に、安定して内側・体質から改善していくためには「サプリメント」が最もおすすめと言える。
対策6: スパイス類、たんぱく質豊富な肉や魚は体を温め、血流改善をサポートする。他にも、ビタミン類、クエン酸、海藻類、こうじ、お酢なども日常の食事・食品からできるだけ補給する。
対策7: コスト面、安全性、効率性の総合的視野から、「サプリ」に加えて「食事と生活習慣」の改善によるシナジー効果を出すことが、長期的な好スパイラルを作り出し、「継続的は力なり」を実現する対策となる。

●補足「抜け毛・薄毛・AGA・ハゲ対策サイト」について

~自分に合った抜け毛・薄毛・AGA・ハゲ対策を見つけよう!~

髪トラブルは、年々悩む方が多増えている病気です。そのため、抜け毛・薄毛・ハゲ対策や検査を早期のうちから行うと良いでしょう。日本では毛髪医療も進んでいる為、AIGクリニック等で治療していく事も可能です。
また、毛髪トラブルにお悩みの方は、食事改善とサプリを上手に摂取する事で、毛髪トラブルを予防・改善しやすくなります。その為、様々な手法のなかでもサプリメント摂取や食事改善がおすすめ。食事とサプリメントを上手に取り入れ、ストレスフリーな体を目指しましょう。また、さらに生活習慣も改善してシナジー効果を生み出し、コスト面・効率性・安全性の観点から、長期的に無理なく続けられる自分なりの対策を実行しましょう。
そして、自分に合った方法で、抜け毛・薄毛・ハゲを改善する事が大切です。
毛髪トラブルに悩むご本人にはこれからの自分の人生をより素晴らしいものにするために、「それぞれ自分にあった」「自分の事をもっと好きになれる」「長期的に体に負担の無い」抜け毛・薄毛・ハゲ改善方法を見つけ出すきっかけになることを本サイトの運営管理局一同、心から祈っています。