アトピー食事対策/ 薬に頼らない4大栄養成分法

アトピーの食事を主とする改善方法。薬は不要!

アトピーには薬よりも4大栄養補給と食事・生活改善

アトピーの原因は人によって異なります。また、その対策方法も色々と世の中に提案されています。「いったい何がアトピーに良いの??何が本当に効く方法なの?私に合ったアトピー改善法はどれ??結局は薬しかないの?」いつも、そう思っていませんか?

アトピーによって、本当に人生の様々な場面、たとえば、職場、学校、家庭での日常のなかで、色々と支障やストレスの原因となることがあります。

本サイトでは、できるだけ多くの人に当てはまり、また、自信をもって推奨できるし、納得してもらえるだろう「アトピー改善の3つの方法」を紹介しています。その中も、とくに最も推奨したいのは、アトピーのための食事サポートの栄養補給食品として、最近の様々な研究で知られてきた天然由来の「4大栄養成分」の継続的なサプリ摂取です。本サイトは、アトピー改善には薬よりもまず食事、次に生活を改善すべきだと考えています。

アトピー改善の3つの方法

  • アトピー改善1 4大栄養成分の積極的な摂取(サプリメント補給)
  • アトピー改善2 食事・生活習慣・薬の見直し
  • アトピー改善3 かゆみ対策

本サイトの目的は、読者の皆様へ、最新の研究結果も踏まえて「薬に頼らないアトピー食事対策」の知識を幅広く提供し、これまで気づかなかった、薬以外の食事・生活の面から「自分に最も合った」方法で、しかも、「長期的に」「体への負担が少ない方法」を見出すきっかけを、ご提供することです。

また、このトップページは、簡単な概要の記載だけなので、興味を持ったところは詳細ページを読んでみてください。


薬に頼ってアトピーが悪化する危険性

病院では、アトピーだと診断されると、薬をよく渡されます。薬を使用してもアトピーの症状が変わらなかったり悪化したりした場合は、より強力なアトピー用の薬を使用します。

薬を使用する場合、副作用の心配があります。例えば、軽い症状であれば、副作用の心配が少ない薬が使われるなど、病気や症状によって薬に含まれる成分の強さは異なります。アトピーで薬を使用する場合、アトピー症状が重症になればなるほど、副作用のリスクがより高い、強力な成分が入った薬を使用します。

アトピーに薬は危険!なことを示した図

アトピーの薬の強い成分は、血圧の上昇、胃や腸などの機能障害、糖尿病などの副作用を引き起こすことがあり、仮にアトピーが一時的に治ったとしても、また違った症状・病気になる可能性が高まります。また、強力な成分が入った薬を使用すると、薬の成分を分解する肝臓や腎臓などに肝機能にかかる負担が大きくなり、ダメージを受けてしまいます。肝機能が弱ると、体力や食欲の低下などにつながります。

さらに体力が低下することで免疫力も低下し、アトピーが悪化・再発しやすくなってしまいます。つまり、強力な薬を使ってアトピーの症状を抑制、または改善しても、再びアトピーになる危険性があるのです。

『アトピー食事対策 ~薬に頼らない4大栄養成分法~』サイト全体構成

第1章
アトピーの症状・種類とセルフチェック
~アトピーとはどんな病気なの?アトピーについて知ろう!~
第2章
アトピーの原因と解決法
~アトピーの原因を知り、アトピー対策をしよう!~
第3章
アトピーを4大栄養成分で改善
~サプリメントで不足している栄養素を手軽に補給しよう!~
第4章
アトピーを食事から改善
~食事・食品を見直そう!~
第5章
アトピーを薬・生活習慣から改善
~薬依存とストレスに注意しよう!~
補足
「アトピー対策」当サイトについて
~自分に合ったアトピー改善方法を見つけよう~

ここからは、本サイトの内容を目次的に簡単にご紹介します。

アトピーの概要と原因を知る

薬に頼る前に、アトピーのメカニズムを知ろう

第1章 アトピーの症状・種類とセルフチェック
~アトピーとはどんな病気なの?アトピーについて知ろう!~

薬に頼る前に、まずはアトピーの原因と症状からを知りましょう。まず、アトピーとはかゆみや湿疹が現れる病気で、一般的に「アトピー性皮膚炎」のことを指します。アトピーは子供がなる病気というイメージが強いかもしれませんが、大人でもなることがあります。実は、アトピー患者の半数以上は大人なのです!また、子供と大人のアトピーには違いがあることがあります。

次のような症状がある場合はアトピーの可能性があるので注意しましょう。

・次のような症状があったら、アトピーに注意!

  • かゆみがする、かゆみが強い
  • 体に赤くブツブツした湿疹がある
  • 皮膚全体がカサカサと乾燥している
  • かぶれやすい
  • 睡眠中にひっかいたような傷ができている
  • かゆみと湿疹が長期間続いている

<第1章の各ページ・テーマ>

  • アトピーとはどんな病気なの?
  • 繰り返し起こるかゆみと湿疹 アトピーの症状
  • 子供と大人のアトピーの違い
  • アトピーの自己診断、セルフチェック
アトピー自己診断!「私はアトピー?」

今のあなたは大丈夫ですか?少しでも不安な方はまずはアトピー性皮膚炎のセルフチェック(自己診断)をこのサイトで行ってみることをお勧めします。

アトピーのセルフチェックバナー

さて、アトピーには次のような特徴があります。

アトピーの特徴

  1. かゆみを感じる
  2. 湿疹がある
  3. かゆみと湿疹が繰り返し起こる
  4. 子供でも大人でもなる可能性がある
  5. アトピーには、未解明な点がある

アトピー性皮膚炎とはかゆみや湿疹が現れ、これらが繰り返し起こる病気です。
アトピーは子供から大人まで、どなたでもなる可能性があります。

アトピー対策には様々な方法があります。薬以外に食事や生活面で改善が可能です。
代表的なアトピー対策は、塗り薬や飲み薬などの薬を使用したものになります。

しかし薬の場合、長期間使用すると皮膚が弱くなったり、血管が浮き出てきたりなど、肌に異常が見られることがあります。
このサイトではアトピーとはどのような病気なのかをご説明した後に、薬を使わないアトピー食事対策についてご紹介しています!

第1章【アトピー性皮膚炎とは?】から詳細チェック!

アトピー原因の解決は食事改善から!薬は最後。

第2章 アトピーの原因と解決法
~アトピーの原因を知り、アトピー対策をしよう!~

アトピーの原因説明をする医師

昔は、アトピー患者はほとんどいませんでした。なぜでしょうか?
今と昔ではなにが違うのでしょうか?一体何がアトピーの原因なのでしょうか?
子供と大人、それぞれのアトピーの原因についてご紹介します。

<第2章の各ページ・テーマ>

  • アトピーの原因
  • アトピー改善の3つの方法
アトピーの原因と発症メカニズム

アトピー発症のメカニズム

アトピーの繰り返し起こるかゆみと湿疹は、免疫が過剰反応するのが原因で起こるとされています。

アトピーは大人も子供も発症します。さて、大人と子供のアトピーの原因は同じでしょうか?アトピーは通常、免疫の低下、皮膚のバリア機能の低下、遺伝、食物アレルギー、生活環境などのさまざまな原因が合わさることによって発症します。ただし、人によってアトピーの原因は異なるものの、アトピーの原因としては、通常、子供は食事の食物アレルギー、大人は生活環境がアトピーの原因になっていることが多いと言われています。しかし、現代はまだ、どういった要因が関連して最終的にアトピーが発症するのかという詳細なメカニズムまでは判明していません。

アトピーの原因例1 食事でアレルゲンを食べる

アトピーの主な原因の一つとして、食事のなかで、特定の食べ物(アレルゲン)を摂取することでアレルギー反応を起こすことが少なくありません。アレルゲンを食べてしまうことで、かゆみや湿疹などのアトピー症状が現れるのです。

たとえば、アレルギー反応を起こし、アトピーの原因になることが考えられる食品には以下の表のようなものがあります。注意すべき点として、アレルギー反応やアトピー症状のメカニズムは、食事・食品によって異なります。

表:アトピーを招きやすい食品の一例
食品
食品添加物 レトルト食品、お菓子、カップラーメンなど
乳製品 牛乳、ヨーグルト、チーズなど
小麦粉 パン、ラーメン、うどんなど
ゴマ油、サラダ油、マヨネーズなど

参考文献:『アトピーくらぶれのあ「アトピー改善のために摂ってほしい食材・摂ってほしくない食材」』
http://renoa.co.jp/kaizen-hints/kihonshoku/

アトピーの原因例2 ストレスと生活習慣

子供も大人も、ストレスがアトピーの原因の1つになっています。とくに今の社会では、当然、大人の方が子供よりもストレスを感じる機会が多いことから、ストレスがアトピーの原因になっていることが多いのは「大人」です。

また、大人のアトピーの原因の多くには、生活環境にあると考えられます。偏った食生活やストレス、ハウスダストを吸収したときに体内の抗体が過剰に反応してしまい、かゆみや湿疹が現れ、アトピーにつながると考えられます。

第2章【アトピーの原因】から詳細チェック!

アトピーは薬より食事と生活・かゆみの対策!

改めて、本サイトが推奨するアトピー改善の3つの方法は以下です。さらに、このうちで最も推奨するのは「アトピー4大栄養成分」のサプリメント(食事サポート栄養補助食品)による継続的な補給です。

アトピー改善の3つの方法

  • アトピー改善1 4大栄養成分の積極的な摂取(サプリメント補給)
  • アトピー改善2 食事・生活習慣・薬の見直し
  • アトピー改善3 かゆみ対策

アトピーの食事対策【4大栄養成分法】

第3章 アトピーを4大栄養成分で改善
~サプリメントで不足している栄養素を手軽に補給しよう!~

アトピーに良い食品

アトピー対策に、サプリメントを使用する方法があります。
サプリメントを使用することで、簡単にアトピーを改善するのに必要な栄養素を摂取することができます。
では、アトピー対策にはどんな栄養素を摂取すればいいのでしょうか?
なぜその栄養素を含むサプリメントが、アトピーの改善になるのでしょうか?

この章では乳酸菌、セラミド、コラーゲン、ケイ素を含んだサプリメントが、なぜアトピーの対策に良いのかをご紹介します。

<第3章の各ページ・テーマ>

  • サプリメント(栄養補給)でアトピー改善!
  • 乳酸菌は本当にアトピーにいいの?
  • セラミドは本当にアトピーにいいの?
  • コラーゲンは本当にアトピーにいいの?
  • ケイ素は本当にアトピーにいいの?
天然由来4大栄養成分の補給

近年の研究から、アトピーの改善に役立つ栄養成分(とそのサプリメント。あるいは食事の栄養成分)として、乳酸菌、セラミド、コラーゲン(脂肪分ゼロ・魚由来)、ケイ素(稲由来)などが含まれたものが推奨されており、また広く知られてきています。(オススメの検索方法は以下。)

※注釈追記(2019年終旬):ご意見投稿・問合せを複数いただいた点、この検索では「フレスコヘルスケア社『アレルリセット』」というサプリが第一位でgoogleから推奨されますが、本サイトでは、広告費や手数料バック等の見返りなど一切ございませんことを誓ってお伝えします。そのため、google推奨に関わらず、他の商品もぜひ見て比較してみましょう。ただし、事実として、「フレスコヘルスケア社『アレルリセット』」の名誉のために、公正かつ客観的な判断・詳細調査した結果、「フレスコヘルスケア社『アレルリセット』」が成分内容やコストなどを総合的に加味した上で、非常に優良なオススメ商品であることは間違いない、かとも思われます。

アトピーに良いとされる4大栄養成分

  • 乳酸菌は、アトピーに良く、免疫調整効果がある
  • セラミドは、アトピーに良く、肌の保湿・バリア効果がある
  • コラーゲン(脂肪分ゼロ・魚由来)は、アトピーに良く、肌の生成効果がある
  • ケイ素(稲由来)は、アトピーに良く、コラーゲン合成促進と肌の生成効果がある

アトピーに有効な栄養成分の「サプリメント」とは、つまり「食品(栄養補給食品、食事サポート)」になります。もう少し具体的に説明すると、サプリメントとは、薬とは違って、あくまで「特定の栄養が積極的に補給できる食品」(または食事の一種・補佐)のことです。サプリメントであれば、少ない摂取量で多くの栄養素を得ることができ、アトピーの改善につながります。

第3章【サプリメント(栄養補給)でアトピー改善!】から詳細チェック!

アトピーの食事は?危険な食事を避け、良いものを食べよう

第4章 アトピーを食事から改善
~食事・食品を見直そう!~

食事がアトピーの原因になっていることがあります。
食事をするとかゆみや湿疹が現れる場合、アトピーの原因となっている食材を取り除ければ、アトピーを改善することができます。
いったいどのような食材が、アトピーの原因になることがあるのでしょうか?

アトピーの原因になる食材には様々なものがあります。そのなかで、意外と知られていないのが油です。
油を使用料理には様々ものがありますが、なぜ油はアトピーの原因になることがあるのでしょうか?
この章では、アトピーの原因になる食材と、アトピーの改善を助ける食材をご紹介します。

<第4章の各ページ・テーマ>

  • アレルギーに注意!アトピーを起こすアレルゲン
  • アトピーへのリノール酸の危険性
  • アトピーに良い食品はコレ!
アトピーのための食事・生活習慣の見直し

現代人は偏った食事ばかりを続けていると、アトピーになる可能性があり、さらにはアトピーがどんどん悪化していく危険性があります。偏った食事という点において、「リノール酸」が多く含まれている植物性油は摂り過ぎないことが重要です。

その一方で、「オリーブオイル」のようにリノール酸が少ない油もあるので、アトピーの方は食事のときにその様な油を選ぶようにしましょう。

一方で、アトピーに良い食事は、腸内環境を整える効果腸内環境を整える効果があるものです。食事で、善玉菌を増やして腸内の環境を整える魚や野菜、ヨーグルト、ぬか漬け、玄米などを摂ることで、アトピーの原因の1つである免疫の低下を改善が期待できます。

アトピ用食事で整腸作用

アトピーによい食品
魚、海藻、野菜(無農薬)、ヨーグルト、玄米、ぬか漬け、リンゴなど

参考文献:『ノンアトピーライフ「アトピーに良い食べ物と悪い食べ物一覧」』
http://nonatopi-life.com/syokuji/yoitabemono.html

さらに、食事・食品がアトピーの原因である場合、「アレルギー検査」によって自らのアレルゲンを知ることは、アトピーの改善への大きな前進となります。

第4章【アレルギーに注意!アトピーを起こすアレルゲン】から詳細チェック!

アトピーの食事は?危険な食事を避け、良いものを食べよう

第5章 アトピーを薬・生活習慣から改善
~薬依存とストレスに注意しよう!~

ストレスを感じる女性

人間は仕事や人間関係、睡眠不足などでストレスを感じることがあります。
ストレスはため込んでしまうと、アトピーの原因になってしまうことがあります。
ストレスに特に注意しなければならないのは大人です。
子供よりも大人の方が感じやすいやすいからです。
この章ではストレスって何、なぜストレスが原因でアトピーになるのか、ストレスを感じ続けていると湿疹が現れるなどについてご紹介します。

<第5章の各ページ・テーマ>

  • アトピーはストレスに注意!
  • アトピーに薬は危険!?
  • アトピーの完治
  • アトピーの治療
アトピーのストレス対策

アトピーの対策には、ストレス対策も重要です。アトピーの場合、ある程度の精神的なストレスを感じることが続いたときに「湿疹」が現れることがあります。これはストレスによってアトピーになり、肌が乾燥し、細菌や外部の刺激から肌を守る機能が低下し、細菌などが肌の中に入り込むことで湿疹が現れるようになるからです。

その時は一度自分の生活を見直して、ストレスの原因を考え、自分に合った「ストレス発散」の方法を作ってストレスを軽減してください。もし、アトピー(湿疹)の原因が精神的なストレスだけであれば、そのストレスを減らすことだけでも、薬に頼らない「湿疹の対策」になります。

アトピー(薬で)の完治や治療について

アトピーの完治を願う女性

残念ながら、結論から申し上げると、アトピーは完治できません。
アトピー患者に使用される薬の目的は、アトピーを完治することではなく、アトピーの炎症を抑制することが主眼になっています。

一方で、希望としては「アトピーの症状を抑えるという意味での治療方法」は薬に限らず存在しています。重要なことは、アトピーの完治にこだわることではなく、素晴らしい日常生活をアトピー症状によって極力わずらわされないように、アトピーの症状を抑制・改善する治療対策(食事・生活改善)を行うことです。

アトピーの具体的な対策方法まとめ

本サイトでは、「アトピー改善の3つの方法」として、「①4大栄養成分の積極的な摂取(食事・サプリメント等)」「②食事・生活習慣・薬の見直し」「③かゆみ対策」の3つに大別して、それぞれの方法について、より具体的な治療対策を説明してきました。その具体的な個々のアトピー対策を簡単に以下にまとめています。

【本サイトの「アトピー症状改善の対策」のまとめ】

  • アトピー対策1 4大栄養成分「乳酸菌」「セラミド」「コラーゲン」「ケイ素」をできるだけ自然由来または天然成分のサプリや食品などで十分に補給する
  • アトピー対策2 食事のなかでアレルゲンに気を付ける。とくに植物油に多いリノール酸はできれば避ける
  • アトピー対策3 生活習慣に気を付ける。ストレスが大人のアトピーに多い要因であり、免疫を下げることでアトピー症状を悪化させうると知っておく
  • アトピー対策4 薬に依存しないようにする。とくに重症であるほど強力な薬の副作用に注意する
  • アトピー対策5 物理的な症状悪化の対策として、体をひっかかないように、自らの「かゆみ対策ルール」を作る。痒くなれば氷などで冷やすことも良い。
  • アトピー対策6 セルフチェックやアレルギー検査を参考にし、自らの状態を知っておく

第5章【アトピーはストレスに注意!】から詳細チェック!

補足 「アトピー対策」サイトについて
~自分に合ったアトピー改善方法を見つけよう!~

アトピーの改善方法を試す親子

アトピーは誰もがなる可能性のある病気です。
そのため、アトピーに対してどのように向き合っていくかが大切になります。
しっかりアトピー対策をして、かゆみや湿疹に苦しめられないようしましょう。
薬を使用しなくても食事・生活の面から、アトピーを対策・治療して、症状を改善することは可能です。自分に合った方法で、アトピーを改善しましょう。

アトピーであるご本人にはこれからの自分の人生を、また、アトピーに悩むお子様を持つ方々にはお子様の人生と、さらに一緒に過ごす時間を、より素晴らし
いものにするために、それぞれ「自分にあった」、「薬に頼らない」、「長期的に体に負担の無い」アトピー改善方法を見つけ出すきっかけになることを本サイトの運営管理局一同、心から祈っています。

新着記事

敏感肌に嬉しいサプリメント紹介 『アレルケア』/アサヒカルピスウェルネス社
アトピー性皮膚炎のスキンケア方法の紹介
敏感肌に嬉しいサプリメント紹介 『アレルナイトプラス』/オリエンタルバイオ株式会社
敏感肌に嬉しいサプリメント紹介 『アレルリセット・ライシア 敏感肌の守護神』/フレスコ・ヘルスケア
サイト概要