加湿器【おすすめ10選】人気ランキング!

ウィルス感染対策をはじめ、喉や目の乾燥からの保護、お肌の乾燥予防など、加湿器は冬の健康と美容のために欠かせない存在です。快適な空間のための人気おすすめ加湿器をランキング形式でご紹介します。

2024-03-03 11:23:24更新

1526 views

加湿器の選び方

冬の季節に入ると、どうしても乾燥が気になりますよね。そんな時に欠かせないのが加湿器!ここでは部屋のインテリアとして置けるおしゃれなものから、本格的なスチーム式まで、様々な種類の加湿器をご紹介します。購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

◎加湿方式で選ぶ
商品を選ぶ際に重要なポイントは「加湿方法」です。主に4つの方式があるので、自分に適したものを選びましょう。

1. スチーム式
水をヒーターで加熱し、蒸気で加湿します。お湯が沸いたやかんの注ぎ口から蒸気が出るのと同じ仕組みです。加湿スピードが早く、湿度の保持力も高いことから人気の方式。お手入れのラクさと十分な加湿機能をお考えの方にぴったりです。

2. 気化式
加熱しないタイプの気化式。ヒーターを使わない代わりに、フィルターに通した水をファンで空気中に気化させます。消費電力が低く、触っても熱くないので、コスパと安全面を重視するならこちらがおすすめです。お子さんやペットのいるご家庭に多く使用されています。

3.超音波式
超音波を使って水を振動させ、水蒸気に変換させます。ヒーターやファンを搭載していないため、気づかないほどの静かさです。おしゃれなデザインのものが多く、お部屋のインテリアとして馴染ませることも可能ですよ。保湿力はそこまで高くないですが、小空間に使うのに適しています。

4.ハイブリット式
こちらは、スチーム式と気化式二つの役割を担う方式で、それぞれの欠点をカバーします。また部屋の温度によって、タイプを使い分けて稼働します。他のものよりも高めの値段ですが、機能面がしっかりしているため、価値は十分あります。

◎機能で選ぶ
加湿機能だけでなく、付加機能が搭載された商品もあります。それでは、代表的な4つの付加機能をご紹介します。

1. タイマー
出かけた後に電源を切り忘れていた・・・なんて経験はありませんか?そんな時に便利なのが「タイマー機能」。時間設定やオフ機能を搭載した加湿器で、そんな悩みもすぐに解消しましょう。

2. 自動加湿
こちらは湿度調整機能で、部屋の温度によって適切な運転モードに切り替わります。乾燥が気になったり、逆に加湿しすぎることもないので、効率よくお使いいただけます。

3. チャイルドロック
目を外したすきに、お子さんがボタンを押してしまう危険性を回避します。誤って電源をオンにしてしまい、熱くなった加湿器に接触してしまうなど、ペットやお子さんがいると心配ですよね。チャイルドロック機能の場合、電源を押しても起動しないようになっているため、安全性を重視したいご家庭におすすめです。

◎場所で選ぶ
加湿器を設置する部屋によって、選ぶ商品も変わってきます。以下、部屋ごとの推奨タイプをご参考ください。

寝室・・・個室程度の大きさには、コンパクトサイズの静かな加湿器がおすすめ。また睡眠時間に考慮し、タンクの大きさや加湿量をあらかじめチェックしておきましょう。

デスク周りや車内・・・卓上型やスティック型の加湿器が断然おすすめです。小さくて場所を取らないものや、ペットボトルにセットするだけの楽チンタイプなど、短時間で給水できるものがいいでしょう。

リビング・・・広い空間では、加湿パワーのあるものを選びましょう。何畳に対応するか記載されているモデルが多いので参考にしてみてください。

評価方法

いよいよ加湿器おすすめ人気ランキングをご紹介します。ランキングは以下の基準に基づいて作成しました。これで乾燥の季節も乗り越えましょう!

①安さ
加湿器を買ったことがない方は、安いものから試してみるのもいいでしょう。機能面がしっかりしている商品は少し高く感じてしまうかもしれません。機能面を重視するか、安さを優先するかによっても選ぶものが変わります。購入前に用途や予算を決めておくといいでしょう。
〜税込10,000円◯/〜税込20,000円△/税込20,001円〜×

②コンパクトさ
部屋の広さに応じたサイズの加湿器を選びましょう。一人暮らし・寝室・デスク周り等にはコンパクトなものがおすすめですよ。
コンパクト◯/まあまあ△/少し大きいかも×

③加湿量
1時間ごとの加湿量(ml/h)を基に評価しています。
400ml/h以上◯/300〜399ml/h△/300ml/h未満×

④稼働時間
連続で加湿できる時間で測定しています。
20時間〜◯/11〜19時間△/〜10時間×

⑤付加機能
選び方で紹介した付加機能の他にも、アロマディフューザー機能など多種多様。それぞれの生活スタイルに合わせた加湿器が選べます。
有◯/無×


上記以外にも「方式」について記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。
[PR]

加湿器の人気商品おすすめランキングTOP10

さて、ここからは、当社が客観的な上記の評価基準と評価方法をもとに、調査分析して選出した加湿器の人気おすすめ商品の10選を、ランキング形式でひとつひとつ紹介していきます。
本サイトで選ばれた10選の加湿器は、いずれも優れた人気商品です!
皆様の個人的に気になるもの、気に入ったものをいろいろ試していただければと思います。
[PR]

ランキング

第10位クリエア/日立

画像元:Amazon.com

評価:

3.5

日立のクリエアは、機能性抜群の加湿器です。自動おそうじユニットにより、48時間ごとにブラシが上下に動き、フィルターのホコリを取り除きます。3つのフィルターが付いているので、脱臭機能の役割も担います。

安さ ×(36 400円)
コンパクトさ ×(71.8 x 41.2 x 33.4 cm)
加湿量 ◯(800ml/h)
稼働時間 記載なし
付加機能 ◯(自動稼働、タイマー)
方式 気化式

参考価格:

第9位加湿器/シロカ

画像元:Amazon.com

評価:

3.7

一日に一回の給水で12時間から24時間の加湿が可能です。寒い季節に、何度も給水に足を運ぶことなく使えます。スイッチを押すとすぐに水蒸気が放出されるので、すぐに使用したい時にも便利です。

安さ △(1 1000円)
コンパクトさ △(23×23×30)
加湿量 △(350ml/h)
稼働時間 △(12時間)
付加機能 記載なし
方式 超音波式

参考価格:

第8位Hygienic Mist / Dyson(ダイソン)

画像元:Amazon.com

評価:

3.8

ダイソンのHygienic Mistは、超音波式の新世代スタイルを搭載。やや大きめサイズで存在感を放ちます。スマートフォン専用アプリを利用すれば、離れているところからでも設定を変えることができます。

安さ ×(43 780円)
コンパクトさ △(22.1 x 23.9 x 57.9 cm)
加湿量 ×(300ml/h)
稼働時間 △(10〜18時間)
付加機能 ◯(自動稼働、タイマー)
方式 超音波式

参考価格:43,780円

第7位気化式加湿器/バルミューダ

画像元:Amazon.com

評価:

4

シンプルなホワイトカラーの加湿器です。ボタンも最小限に収め、最小限の必要な機能を採用。従来のタンクがなく、上から水を注ぐだけで給水できます。中の給水ボウルは取り出して丸洗いできるので、清潔感を保ちつつお使いできます。

安さ ×(50 600円)
コンパクトさ ×(35 x 37.4 x 35)
加湿量 △(400ml/h)
稼働時間 △(6〜25時間)
付加機能 ◯(自動稼働、タイマー)
方式 気化式

参考価格:50,600円

第6位スチーム式加湿器/象印

画像元:Amazon.com

評価:

4.1

運転モードは「しっかり」「標準」「ひかえめ」の三段階から選べます。また湿度モニターでお部屋の湿気度を確認し、ちょうどよく空間を潤します。湿度の保持力の高いスチーム式で、乾燥の悩みの解消を期待できますよ。

安さ △(13 750円)
コンパクトさ △(24×26×27.5)
加湿量 △(350ml/h)
稼働時間 ×(6時間)
付加機能 ◯(自動稼働、タイマー)
方式 スチーム式

参考価格:13,750円

第5位パーソナル加湿器 NAGOMI /スリーアップ

画像元:Amazon.com

評価:

4.2

スリーアップから出た新スタイルの「NAGOMI」は、名前の通り安らぎを与える加湿器です。ホワイト・レッド・ダークウッドの三色を展開し、インテリアに合わせてお選びいただけます。マグカップやペットボトルなど、容器を選ばず使用できるので、狭い空間でも気軽に給水できます。

安さ ◯(1 973円)
コンパクトさ ◯(直径5.7×高5.9cm)
加湿量 ×(40ml/h)
稼働時間 記載なし
付加機能 ◯(タイマー)
方式 超音波式

参考価格:1,973円

第4位加湿器/グリーンハウス

画像元:Amazon.com

評価:

4.3

インテリア重視するならコレ!たまご型のコンパクト加湿器です。ウッド調でモダンな形で、和と洋の絶妙な組み合わせを楽しめます。本体をひねって、水を注ぐだけの簡単給水。USB給電なので、デスクの上で準備から加湿までの過程が全て完了できます。

安さ ◯(2 300円)
コンパクトさ ◯(9×9×11)
加湿量 記載なし
稼働時間 ×(5時間)
付加機能 ◯(オートパワーオフ)
方式 超音波式

参考価格:2,300円

第3位加湿器/シャープ

画像元:Amazon.com

評価:

4.6

飛び抜けた便利さを誇る商品です。「上から」もしくは「トレーを外す」2スタイルの給水方法を採用。水位モニターを確認しながら水を注ぎ、満タンになると音でお知らせします。また水の残量は半透明なトレーから一目でわかるので、準備が倍カンタンにできますよ。

安さ △(19 500円)
コンパクトさ ×(52 x 32 x 26 cm)
加湿量 ◯(550ml/h)
稼働時間 △(19時間)
付加機能 ◯(消臭、自動稼働)
方式 ハイブリッド式

参考価格:19,798円

第2位加湿器/Teamnice 

画像元:Amazon.com

評価:

4.8

イギリス発のデザインによる、7色に光る加湿器です。朝昼のみならず、夜も楽しく使用できます。ボタンに軽く触れるだけで動作し、スマートさ抜群!赤ちゃん用品と等しいレベルのサイレント加湿を採用し、睡眠の妨げを解消します。またパソコンやモバイルバッテリーなどからUSB給電ができるので、気軽にお使いいただけますよ。

安さ ◯(2 064円)
コンパクトさ △(21.8cm×10.3cm×10.3cm)
加湿量 記載なし
稼働時間 ◯(20時間)
付加機能 ◯(自動稼働、オートパワーオフ)
方式 超音波式

参考価格:2,064円

第1位加湿器/Pro Breeze

画像元:Amazon.com

評価:

5

最大48時間連続稼働が可能な商品!5.6Lの大容量タンクなので、水を入れる手間が省けます。また冷・温ミストの切り替え機能により、部屋の温度や季節に適宜調節ができます。オイルを加えればアロマディフューザーとしても使えるので、素敵な空間の演出にもなりますよ。様々な場面に合わせて使える優秀な加湿器です。

安さ ◯(7 450円)
コンパクトさ ×(38.8 x 32.2 x 24.2)
加湿量 ◯(120-480ml/h)
稼働時間 ◯(47時間)
付加機能 ◯(アロマ、自動稼働、タイマー)
方式 超音波式

参考価格:7,450円

[PR]

商品比較

商品名 第1位

加湿器/Pro Breeze

第2位

加湿器/Teamnice 

第3位

加湿器/シャープ

第4位

加湿器/グリーンハウス

第5位

パーソナル加湿器 NAGOMI /スリーアップ

第6位

スチーム式加湿器/象印

第7位

気化式加湿器/バルミューダ

第8位

Hygienic Mist / Dyson(ダイソン)

第9位

加湿器/シロカ

第10位

クリエア/日立

商品画像
評価

5

4.8

4.6

4.3

4.2

4.1

4

3.8

3.7

3.5

安さ ◯(7 450円) ◯(2 064円) △(19 500円) ◯(2 300円) ◯(1 973円) △(13 750円) ×(50 600円) ×(43 780円) △(1 1000円) ×(36 400円)
コンパクトさ ×(38.8 x 32.2 x 24.2) △(21.8cm×10.3cm×10.3cm) ×(52 x 32 x 26 cm) ◯(9×9×11) ◯(直径5.7×高5.9cm) △(24×26×27.5) ×(35 x 37.4 x 35) △(22.1 x 23.9 x 57.9 cm) △(23×23×30) ×(71.8 x 41.2 x 33.4 cm)
加湿量 ◯(120-480ml/h) 記載なし ◯(550ml/h) 記載なし ×(40ml/h) △(350ml/h) △(400ml/h) ×(300ml/h) △(350ml/h) ◯(800ml/h)
稼働時間 ◯(47時間) ◯(20時間) △(19時間) ×(5時間) 記載なし ×(6時間) △(6〜25時間) △(10〜18時間) △(12時間) 記載なし
付加機能 ◯(アロマ、自動稼働、タイマー) ◯(自動稼働、オートパワーオフ) ◯(消臭、自動稼働) ◯(オートパワーオフ) ◯(タイマー) ◯(自動稼働、タイマー) ◯(自動稼働、タイマー) ◯(自動稼働、タイマー) 記載なし ◯(自動稼働、タイマー)
方式 超音波式 超音波式 ハイブリッド式 超音波式 超音波式 スチーム式 気化式 超音波式 超音波式 気化式
商品リンク

ピックアップ記事

おすすめランキング

[PR]
PAGE TOP