おすすめランキング

ピュリナ ワン キャット グレインフリー (1.6kg)

2020-06-26更新

画像元: Amazon.co.jp

評価: 3.9

特徴①「やわらかほぐし粒」と「美味しいカリカリ粒」の異なる粒の組み合わせが、猫が野生の食事で食べていたような食感のバラエティを提供特徴②高い栄養価、優れた消化吸収性と抜群の美味しさも兼ね備えたレシピ特徴③食べやすく、歯ごたえのある粒を噛むことによって歯垢と歯石の蓄積を抑え、健康的な歯を維持し口臭を軽減

主原料
●第一主原料が生のチキンや白身魚
栄養バランス
○バランスのとれたレシピ
安全性
○合成着色料、香料未使用
価格
◎コスパ最高!
主原料
●第一主原料が生のチキンや白身魚
栄養バランス
○バランスのとれたレシピ
安全性
○合成着色料、香料未使用
価格
◎コスパ最高!

評価: 3.9

参考価格:1,741円(税抜)



<グレインフリー>キャットフード人気商品をランキング!

大切な家族の一員である愛猫。近年は寿命も延び、健やかな生活の維持の為さまざまなサポートが行われています。フードについての意識も随分と変わってきました。毎日の食事は、人も猫も同じく日々の健康のもとですからね。
最近特に注目を集めているのが、グレイン(穀物)フリーのフードです。愛猫の健康をサポートするために役立つと、今グレインフリーのフードを選ぶ人が増えてきており、現在国内メーカーをはじめとして多くのフードが販売されています。
そこで今回は、愛猫に最適なフードはどれか、選び方のポイントとともにオススメ商品をご紹介いたします。ぜひ愛猫のフード選びに役立ててくださいね!

<グレインフリー>のキャットフードってどんなもの?

そもそも、猫は肉食動物です。野生での彼らは小動物などを狩ることで生きてきました。
そんな猫にとって必要な栄養素は、まずタンパク質。次いで脂質・ビタミン・ミネラルになります。しかし、市販されているキャットフードの中にはイネやトウモロコシなどの穀物を原料にしたものが多く、それらは猫の内臓に負担をかけ、アレルギーなどの原因にもなっているといわれています。
グレインフリーのキャットフードとは、そんな体の負担になる「グレイン(穀物:米・トウモロコシ・小麦などのイネ科の植物)」を原料に含まないキャットフードのことです。ちなみに、他の炭水化物と混同されがちですが、サツマイモやジャガイモ、豆類などは穀物に含まれません。最近では、じゃがいもよりもタピオカや豆類など低GI食材を使用しているフードもあります。これは血糖値の急激な上昇を抑えることが狙いです。
フード選びの際は、まず成分表示をチェックし、上位が魚や鶏肉などで占められているものを選びましょう。
 

<ポイントは5つ>キャットフードの選び方

それでは、フードの選び方をご紹介します。
愛猫とオーナーさんどちらにとっても良いフードを選ぶためのポイントは、次の5つです。

①主原料
・魚・肉など動物性たんぱく質を使用している。サーモン・スケソウダラ・ターキーなどのように、魚や肉の種類が明記されているとより安心。
・生原料のほうが乾燥原料よりも栄養価が高いため生原料の方がベター。ただし、メーカーによっては製法を工夫し補っているものもある。

②栄養バランス
・猫が健康に生きるために必要な栄養がバランスよく摂取できるか。
・特定の栄養素が高い・低いなどばらつきがない(※療法食を除く)

③安全性
・酸化防止剤や着色料などに、猫にとって有害な人工添加物ではなく安全性の高い天然成分を使用している。
・日本にはペットフードの明確な安全基準がないため、国産であっても必ずしも安心とはいえない。欧州・豪州・米国の方が厳しい基準の下で作られていますので、海外メーカーの方が安全性が高いものもある。

④価格
・オーナーさんに負担が少ないほど、長く利用しやすい。
(※内容量と価格のみで評価。)

⑤食いつき
・愛猫が十分な量を食べてくれるかどうか。
・できれば何も手を加えずに美味しく食べてくれるものが望ましい。
・ドライタイプ・ウェットタイプなどの特性により大きく変わることも。

お待たせしました!<グレインフリー>キャットフードランキング20!

それでは、グレインフリーキャットフードオススメ商品をランキングでご紹介します。
先程お伝えした5つポイントのうち①~④を5段階で評価いたしました。

 ◎・・・優秀!!自信をもっておすすめいたします
 ○・・・高品質!合格ラインを十分に超えています
 ●・・・一般的な品質。問題ありません
 △・・・粗悪品ではありません。でも、ちょっと不安?
 ×・・・低品質。愛用するのは避けたいかも

これらの情報を参考に、愛猫に実食してもらってください。
その様子を確認して⑤の評価をつけていただき、最適なフードを見つけていただければ嬉しいです。

グレインフリーキャットフード人気商品おすすめランキングTOP10

ここからは、当社が客観的な上記の評価基準と評価方法をもとに、調査分析して選出したグレインフリーキャットフードの人気おすすめ商品の10選を、ランキング形式でひとつひとつ紹介していきます。
本サイトで選ばれた10選のグレインフリーキャットフードは、いずれも優れた人気商品です!
皆様の個人的に気になるもの、気に入ったものをいろいろ試していただければと思います。
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 5.0

特徴①原材料の鶏肉は66%と高配合!たっぷりの鶏生肉と、栄養価を損なうことなくゆっくりと時間をかけて脱水したディハイドレイテッドチキン(脱水鶏肉)を使用特徴②34種類もの野菜、フルーツ、ハーブを配合。さらに、不足しがちなDHAやEPAを補うために、豊富な栄養素と強い生命力を持つ南極オキアミを配合特徴③AAFCO(米国飼料検査官協会)及びFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の定める規則を満たしています。

主原料
◎こだわりの食材 41種類!
栄養バランス
◎配合量と栄養バランスを考えたこだわりのレシピ
安全性
◎犬よりも猫の飼育数が多い猫文化の国ベルギーで生産
価格
○ややお安い
主原料
◎こだわりの食材 41種類!
栄養バランス
◎配合量と栄養バランスを考えたこだわりのレシピ
安全性
◎犬よりも猫の飼育数が多い猫文化の国ベルギーで生産
価格
○ややお安い

評価: 4.8

参考価格:4,300円(税抜)




画像元: rakuten.co.jp

評価: 5.0

特徴①ニュージーランド産の自然放牧のベニソンは、赤身の高タンパク低脂肪のお肉で、優れた品質から世界的に需要が高まっているお肉です。新規のタンパク源であることから、食物アレルギーに配慮した配合としても注目されています。特徴②天然の生肉と生レバー、生キドニー、生ハート、生トライプ、生ラングなどの内臓をバランスよく配合。ほとんど手を加えていないから、なんと消化率95%以上!特徴③使用しているニュージーランド緑イ貝は、ニュージーランド近海で獲れる栄養価の高い優秀な原材料です。オメガ3脂肪酸が40%も自然に含まれており、皮膚・被毛の健康な維持に役立ちます。また、天然のコンドロイチン、グルコサミンの含有量は、犬や猫が1日に必要な量を十分に満たしており、関節の健康に配慮しています。

主原料
◎フードの98%が肉と内蔵!
栄養バランス
◎オメガ3脂肪酸が40%も
安全性
◎非常に厳しい規制がされているニュージーランド産の原材料のみを使用し、ニュージーランドの工場で生産
価格
×プレミアム価格
主原料
◎フードの98%が肉と内蔵!
栄養バランス
◎オメガ3脂肪酸が40%も
安全性
◎非常に厳しい規制がされているニュージーランド産の原材料のみを使用し、ニュージーランドの工場で生産
価格
×プレミアム価格

評価: 3.9

参考価格:726円




画像元: Amazon.co.jp

評価: 5.0

特徴①ペットフードの製造基準が厳しいカナダで作られているキャットフード特徴②SCSB(Slow Cooked in Small Batches)製法で、少量をゆっくりと時間をかけ、低温(90℃)で丁寧に調理することで、フレッシュ素材のチカラを最大限活かす工夫がされています特徴③腸の健康に欠かせないプロバイオティクス(腸内善玉菌)を配合。お腹が弱い猫にオススメ

主原料
◎ミートミール(レンダリングミート)や副産物などを一切使用していません。
栄養バランス
○20 種以上の新鮮なベリー類、野菜、フルーツ配合
安全性
◎無添加
価格
△お高い!
主原料
◎ミートミール(レンダリングミート)や副産物などを一切使用していません。
栄養バランス
○20 種以上の新鮮なベリー類、野菜、フルーツ配合
安全性
◎無添加
価格
△お高い!

評価: 3.9

参考価格:5,600円(税抜)






おすすめランキング

PAGE TOP