おすすめランキング

アサヒグループ食品 バランス献立

2020-05-01更新

評価: 4.5

このシリーズは全35種類の商品が、ユニバーサルデザインフードの全4段階のいずれかに該当するよう分類されています。容器はレトルトパウチですので、食器に移して電子レンジか、そのまま湯煎で温められます。このシリーズには「バランス献立栄養プラス」としてドリンクやお湯に溶かして飲めるものなどが補助的商品として存在しています。メニューは和洋中揃っていますが、雑炊メニューが多いのが特徴です。いわゆる3色食品群に着目したメニュー構成になっています。賞味期限は容器に表示されています。

価格
〇やや安い
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
●並の信頼性
価格
〇やや安い
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
●並の信頼性

評価: 4.5


介護食品の人気メーカーシリーズ商品20!商品ランキングで紹介

介護食品の固さの基準に、日本介護食品協議会のユニバーサルデザインフードの基準があります。固い方から次の4段階です。

1.容易にかめる
2.歯ぐきでつぶせる
3.舌でつぶせる
4.かまなくてよい

以下のランキングの説明文に出てきますのでチェックしておいてください。なおランキングはある通販サイトの検索数を参考にしています。また個別評価項目は5点満点で評価しています。

どうやったら良い?介護食品の選び方

高齢者のための介護食品を選ぶにはいくつかのポイントがあります。
その中で最も重要なのは「高齢者が食べたいと思っているもの」を提供することです。いくら美味しくて食べやすいものであっても、肝心の本人が食べたがらなかったのでは意味がありません。そのため、まずはしっかりヒアリングを行ってください。その上で本人の状態を見極めて介護食品を選びます。まずは簡単な見分け方です。

・固いものがだめ
・むせやすい
・口の中が乾きやすい
・歯科治療中である

このどれか1つにでも当てはまったら介護食品の利用を検討しましょう。
そうでなければ普通食で問題ありません。そして次の判断基準はごはんです。
普通のごはん、あるいは柔らかめのごはんが食べられれば、大きいものが食べられるかどうかを見ます。
{大きいものが食べられて飲み込むことにも問題がなければ「容易にかめる」レベルの介護食品を選びましょう。
大きいものは食べられるけれど飲み込む時に苦労するようであれば「歯ぐきでつぶせる」レベルの介護食品も検討対象になります。
大きいものがだめで小さいものなら食べられるという人は「歯ぐきでつぶせる」レベルの介護食品を選んでください。ごはんがだめでお粥なら食べられる場合もここです。
小さいものでも食べられなくて、細かいものでないと食べられない場合「舌でつぶせる」レベルの介護食品を選びましょう。
さらに、お粥も食べられない、細かいものも食べられないという場合「かまなくてよい」レベルの介護食品を選ぶことになるのです。

意外と知らない介護食品の豆知識

介護食品にも除去食があります。高齢者の食事になると、意外に「噛めるか、飲み込めるかどうか」ばかりに目が行って、他の疾患に対する配慮が行き届かないこともあるので注意が必要です。
減塩食については高齢者に高血圧の人が多いことから割合一般的ですが、アレルギー関連の除去食も介護食品に存在しています。ただ、それほど数は多くないのでムース食の自作などを検討してみるのも一つの方法です。
ムース食は前菜などで用いられるおかずムースと基本的には同じです。ゼラチンアレルギーのある人はアガーなどを使うといいでしょう。一方、糖尿病の場合、ついついカロリーや糖質を制限しがちですが、高齢者の場合むしろエネルギー不足のほうが怖いです。

さらにタンパク質不足、ミネラル不足なども腎臓病などに連動して起こりがちです。持病のある高齢者の介護食品は医師、管理栄養士と十分相談してメニューを決めてください。

介護食品の人気メーカーシリーズ商品おすすめランキングTOP20

ここからは、当社が客観的な上記の評価基準と評価方法をもとに、調査分析して選出した介護食品の人気メーカーシリーズのおすすめの10選を、ランキング形式でひとつひとつ紹介していきます。
本サイトで選ばれた20選の介護食品シリーズは、いずれも優れた人気シリーズです!
皆様の個人的に気になるもの、気に入ったものをいろいろ試していただければと思います。
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.9

和食を中心に10種類以上のメニューを、80g、250g、1kgなどのサイズ展開で販売しています。固さ分類は「容易にかめる」で、咀嚼能力が残っている高齢者向けの食品です。レトルトまたはチルド品で、賞味期限は270日または180日となっています。

価格
●一般価格帯
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
○十分な信頼性
価格
●一般価格帯
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
○十分な信頼性

評価: 4.2



評価: 4.9

この商品は「かまなくてもよい」に分類されている商品です。裏ごしの手間がなくレトルトから出してそのままでも食べられます。ラインアップは21種類ですが、姉妹品の「ぬくもりミキサー」や「裏ごしシリーズ」などを合わせると60種類以上になります。一般的な食事をメニューごとにペースト状にしたものです。レトルトパウチですから、製造日から常温で1年半保存できます。

価格
〇やや安い
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
〇十分な信頼性
価格
〇やや安い
処方内容
●一般品質
安全性
◎非常に安全
信頼性
〇十分な信頼性

評価: 4.7



画像元: Amazon.co.jp

評価: 4.9

このシリーズはユニバーサルデザインフードの分類が行われていません。作り方も独自技術によるものです。食材の持っている繊維を酵素で崩れないギリギリまで切断することで柔らかくするという方法をとっています。そのため食材の味や見た目はほとんどオリジナルのままですから、高齢者が美味しく食べることができるのです。どの程度の固さなのかは自分で確認するしかないのが弱点かもしれません。冷凍食品ですので賞味期限は長めですが、食品ごとに現品に表示されています。

価格
○やや安い
処方内容
○良質
安全性
○十分に安全
信頼性
○十分な信頼性
価格
○やや安い
処方内容
○良質
安全性
○十分に安全
信頼性
○十分な信頼性

評価: 4.0





おすすめランキング

PAGE TOP