おすすめランキング

アライテント エアライズ2

2022-05-02更新

評価: 4.6

エアライズは人力移動しやすい設計で作られたテントです。軽量でコンパクトなので、持ち運びにも◎設営しやすい工夫が施されており、スピーディに設営できます。耐久性や移住性も高く、快適なキャンプをしたい方におすすめです!

人数
○3人
耐水性
○耐水圧2000mm
持ち運びやすさ
○30×15cm
重さ
○1550g
種類
ドーム型
価格
○48,400円
人数
○3人
耐水性
○耐水圧2000mm
持ち運びやすさ
○30×15cm
重さ
○1550g
種類
ドーム型
価格
○48,400円

評価: 4.6

参考価格:48,400円



4シーズンテントの魅力とは?

4シーズンテントの魅力はなんといっても1年中使えるということ。
暑い日でも寒い日でも、機能によっては風や雨が強い日でもアウトドアを楽しめるのは一番の強みです。

4シーズンテントの多くは冬に強いように作られており、温かい空気を逃しにくい設計になっています。また、雪や強風にも強く作られているため、丈夫なのも4シーズンテントの特徴です。

ただ、冬に強く作られている分、通気性が劣る部分や重さが出てしまいがちなのも4シーズンテントの特徴。

それでも、1年中使えるテントは便利で大活躍します!1年中使えるテントがほしい方や、特に冬に強いテントがほしいという方は、ぜひ4シーズンテントを検討してみてください。

4シーズンテントの選び方

4シーズンテントを選ぶ際に気をつけたいことをご紹介します。

①人数で選ぶ
テント選びで気をつけたいポイントの一つは人数です。
テントの大きさは、ソロキャンプ用から4人以上の家族用サイズまであります。

少人数や一人でキャンプを楽しみたい方は1〜3人用、家族や大人数でキャンプやBBQをする時に使いたい方は4人以上用のテントを選んでみてください。


②耐水性で選ぶ
雨の中でも使えるテントを探している方は耐水性についてもしっかり調べておきましょう。耐水性テントのほとんどは耐水圧が記載されています。

耐水圧とは、テントの生地がどれくらい水を染み出さないかを示すもので、耐水性テント選びの基準にもなります。
耐水と書かれていても、耐えられるのは小雨までで本格的な雨には弱いものもあるので、どの程度の水の量に耐えられるのかはしっかり確認しておきましょう。


③持ち運びやすさ(収納サイズ・重さ)で選ぶ
アウトドアでキャンプを使う際は、持ち運びやすさも重要です。持ち運びやすさは、収納サイズと重さが関わっています。

サイズは、30×40(幅×高さ)cm程度以下のものだと20L以上のリュックにすっぽり入り、持ち運びしやすいのでおすすめです。

重さは、軽いもので1kg以下のテントがあります。3kg程度以下ならバッグに入れても持ち運びしやすいので、参考にしてみてください。



④種類で選ぶ
テントにはいくつかの種類があります。

<人気のテント4種類>
・ドーム型
ドーム型は構造がシンプルなテントで、初心者におすすめです。また軽量で持ち運びもしやすいものが多いのが特徴。
・ツールーム型
リビングスペースと寝室が一体となっているテント。十分なスペースがあるので家族でのキャンプなどにおすすめです。
・ワンポール型
1本のポールで支えているテントで、モノポールテントとも呼ばれています。見た目がおしゃれで風にも強いのが特徴。
・ワンタッチ型
ワンタッチ型テントは、袋から出したら広げるだけで設営ができるテントです。外でサクッとテントを使いたい時に便利です。

他にも種類はありますが、中でも人気なのが、この4種類です。
それぞれ魅力があるので、用途に合わせて選んでみてください。

4シーズンテントの評価項目と基準

今回4シーズンテントを作るにあたって基準となった評価項目をご紹介いたします。

①人数
4シーズンテントを選ぶ上で確認しておきたいのが人数。
ソロキャンプが趣味な方は1人用でも十分ですが、4人以上用のテントであれば、仲間や家族とキャンプを楽しむことができます。
今後のことを考えて検討してみてください。

【◎4人以上、○ 2〜3人用、△1人用】


②耐水性
アウトドアでテントを使う場合は、雨の日の対策は必須です。
そこで、耐水性と耐水圧はしっかりチェックしておきましょう。

【◎耐水圧5000mm以上、○耐水圧2000〜5000mm、△耐水圧2000mm以下、×耐水性なし】


③収納サイズ
持ち運びしやすいテントを求めている方は、収納サイズがコンパクトなテントがおすすめです。30〜40cm以下のテントであればリュックにも入るので、参考にしてみてください。

【○コンパクト、△大きめ +縦×横】


④重さ
登山やハイキングをする中でキャンプをしたい方は、持ち運びやすい軽量のテントがおすすめです。
安いものは1kg以下のものもあるので、探してみてください。

【◎1,500g以下、○1,500〜3,000以下、△3000g以上】


⑤種類
テントには複数の種類があります。初心者にはドーム型テントが設営も簡単でおすすめです。
広いスペースを大人数で楽しみたい方は、ツールーム型だと2部屋あるので快適に過ごすことができます。

【4シーズンテントの種類】


⑥価格
テントは安いものから高級なものまであります。
初心者やはじめてのテントを安めに購入したいという方は、 2万円以下でも機能性に優れたものはあるので、探してみてください!

【◎2万円以下、○ 2〜5万円、△5万円以上】

4シーズンテントの人気おすすめランキングTOP10

それでは4シーズンテントの人気おすすめランキングをご紹介いたします。

各商品に掲載している価格はすべて税込みで、送料条件は個別にリンク先の販売条件をご確認ください。
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.6

耐久性、耐水性、保温性で超軽量と機能性抜群の2人用テント。吊り下げ式テントですが、風に強い構造になっており、天候に関わらず使えます。また、速乾性にも優れているので、雨の日の使用の後片付けも楽々です!

人数
○2人
耐水性
△耐水性記載なし
持ち運びやすさ
○25×15cm
重さ
○1640g
種類
ドーム型
価格
○45,393円
人数
○2人
耐水性
△耐水性記載なし
持ち運びやすさ
○25×15cm
重さ
○1640g
種類
ドーム型
価格
○45,393円

評価: 4.6

参考価格:39,906円




評価: 4.6

家族でもテントないでゆっくり過ごせる 2ルームテント。UVカット率80%、遮光率80%で風通しも良く、快適に使用できます。車とのリンクも可能です!

人数
◎4人
耐水性
○耐水圧3000mm
持ち運びやすさ
△72×34×34cm
重さ
○1960g
種類
ツールーム型
価格
△103,500円
人数
◎4人
耐水性
○耐水圧3000mm
持ち運びやすさ
△72×34×34cm
重さ
○1960g
種類
ツールーム型
価格
△103,500円

評価: 3.9

参考価格:103,500円




画像元: Rakuten

評価: 4.6

ワンポール型テントとドーム型テントのいいところを組み合わせて生まれたテント。吊り下げ式なので設営も簡単で、テント内のアレンジもしやすいので、いろんなシーンで楽しめます!秋冬の隙間風や雪にも対応しているので、冬キャンプにピッタリ。

人数
◎3〜4人
耐水性
△耐水圧1800mm
持ち運びやすさ
△75×35×30cm
重さ
△9100g
種類
ワンポール・ドーム型
価格
△85,800円
人数
◎3〜4人
耐水性
△耐水圧1800mm
持ち運びやすさ
△75×35×30cm
重さ
△9100g
種類
ワンポール・ドーム型
価格
△85,800円

評価: 3.7

参考価格:85,800円






おすすめランキング

PAGE TOP