おすすめランキング

fResco いのちの青汁

2021-10-01更新

評価: 4.8

健康維持・美容・ダイエット・健康な便通のサポート成分を含んでいる「いのちの青汁」。特に、リラックス・気力サポート身体の抵抗力の健康維持をサポートしてくれるのは、他にはない強みです。農薬不使用、着色料・香料などの添加物不使用なだけでなく、でんぷん・デキストリンなどの造形用添加物も一切はいっておらず、完全天然由来でできています。含まれている大麦若葉・ケール・しまぐわ・モリンガ・マツタケなどの野菜は、全てこだわりぬいた国産品。高い安全性と健康維持サポートの両方を求めている方にぴったりの青汁です。

1杯あたりの価格
99.9円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
7.1kcal(1杯2.5gあたり)
無添加
○完全無添加(造形用添加物不使用)
農薬不使用
○国産
身体の抵抗力維持
○βカロテン・カルコン高含有
カフェインフリー
お通じサポート
○食物繊維(39.5g/100g)、国産米由来乳酸菌(食物性乳酸菌)含有
リラックス・ストレスサポート
○GABA(94mg/100g)含有
ダイエットサポート
○脂肪・糖質コントロール
肌荒れ・エイジングケアサポート
○ビタミンE(25.8mg/100g)、ビタミンC(27mg/100g)含有
1杯あたりの価格
99.9円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
7.1kcal(1杯2.5gあたり)
無添加
○完全無添加(造形用添加物不使用)
農薬不使用
○国産
身体の抵抗力維持
○βカロテン・カルコン高含有
カフェインフリー
お通じサポート
○食物繊維(39.5g/100g)、国産米由来乳酸菌(食物性乳酸菌)含有
リラックス・ストレスサポート
○GABA(94mg/100g)含有
ダイエットサポート
○脂肪・糖質コントロール
肌荒れ・エイジングケアサポート
○ビタミンE(25.8mg/100g)、ビタミンC(27mg/100g)含有

評価: 4.8

参考価格:2,997円



健康目的で「青汁」をのむ人が増えている理由

健康を意識したとき、思いつく健康法の一つである「青汁」。
子供からお年寄りまでのむ人がいますが、具体的になぜ健康目的で青汁をのむのでしょうか?

青汁をのむ具体的な目的をいかにまとめました。

<青汁をのむ具体的な理由>
■野菜不足を改善できるから
■美容のサポートをしてくれるから
■ダイエット中のお通じをサポートしてくれるから
■むくみが解消されるから


青汁をのむ目的はさまざまですが、食生活が乱れている方や若さを維持したい方、便秘を解消したい方にとっては、健康サポートが期待できる食品といるでしょう。


ただし、青汁にはいくつかの注意点もあります。

<青汁を摂取するときの注意点>
■のみすぎに注意すること
青汁には、多くの食物繊維やカリウムが多く含まれるため、のみすぎることでお腹が緩くなることや、腎機能が低下してしまう可能性もあるので適切な量を飲むようにしましょう。

■食事の補助としてのむこと
青汁は栄養や身体に必要な成分が含まれている食品ですが、食事の補助食品です、
青汁だけをのんでしまうと、栄養素が偏って身体に良くありません。

■毎日のみ続けること
青汁は毎日のみ続けることで健康のサポートにつながります。決められた量や回数を守らずに摂取しても、身体のサポートにならないので、注意しておきましょう。

青汁を始めたい方は、注意点を守って摂取するようにしましょう!

青汁を飲むメリットと含まれる成分

青汁をのむ人が増えている理由はいくつかありますが、どの成分が何に効果があるのでしょうか?
ここでは、青汁をのむメリットとそれをサポートする成分をご紹介いたします。

■お通じ
便秘やむくみを解消するためにお通じを改善したい方もいますよね。
そんな方は、以下の3つの成分に注目してみてください。

ー乳酸菌
ー食物繊維
ー酸化マグネシウム


乳酸菌や食物繊維は、便秘のときに腸内環境のサポートをしてくれます。
酸化マグネシウムは便秘薬としても使われている成分です。腸内の水分不足解消のサポートし、腸を刺激して便秘を解消に導きます。


■ダイエット
糖質や脂質のコントロールをしてくれるダイエットサポート成分を2つご紹介いたします。

ーカリウム
ー食物繊維


カリウムはむくみ解消や代謝アップさせ、ダイエットのサポートをしてくれます。また、食物繊維はお通じの解消や満腹感を与えてくれるため、ダイエット中の強い味方になってくれます。


■リラックス
実は、青汁にはリラックスサポートになる成分が含まれているものもあります。
忙しい生活に疲れている方やリラックスしたい方は以下の成分に注目してみてください。

ーチロシン
ートリプトファン
ーGABA(アミノ酸)


チロシンはうつ状態の改善にも役立つ成分で、神経機能を調節してくれるため、ストレスを和らげリラックスサポートにもなります。
セロトニンをつくるトリプトファンや、副交感神経を活発にするGABAも、高まった気持ちを落ち着かせリラックスさせてくれます。


■身体の抵抗力・維持力UP
乱れた食生活や生活習慣をしていると免疫力が落ちて、病気や体調不良を起こしやすくなります。
毎日を健康で過ごすために、身体の抵抗力や維持力の健康維持につながる成分もしっかり摂取していきましょう。

ーβグルカン(食物繊維)
ービタミンB
ービタミンD


βグルカンはきのこに多く含まれている成分で、ウイルスや細菌に抵抗し、毎日の健康をサポートしてくれます。また、ビタミンBやDにも、健康機能を調整する働きや細胞を維持する働きがあります。


■美容・エイジングケア
いつまでも若々しく過ごしたい方は、美容やエイジングケアのサポートになる成分を積極的に摂取しましょう。

ービタミンC、E
ー乳酸菌


ビタミンCやビタミンEは、シミやしわ、老化を食い止め、肌トラブルの改善のサポートをしてくれます。また、乳酸菌は腸内環境の改善をして内側から美美しさを手助けしてくれます。


■健康維持
長期的に健康を維持していきたい方は、健康維持のサポートをしてくれる成分が含まれている青汁を続けていくことがおすすめです。

ーキトサン
ーβカロテン
ービタミンA


キトサンは、血圧低下・血行促進・抗ガン作用・糖尿病予防などの働きをします。βカロテンやビタミンAは、人間の粘膜を丈夫にして体内から健康維持をサポートします。

青汁の選び方

それでは、どうやって青汁を選べばいいのかをお伝えいたします。
ポイントは大きく3つあります。

①含まれている野菜で選ぶ
青汁は、製品にちょって含まれている野菜が異なります。
購入前に、どの野菜がメインで含まれているのか、どういうことに向いている野菜なのかをチェックしておきましょう。

ーケール
ケールは、カルシウム・βカロテン・ビタミンAやCが豊富に含まれているスーパーフードです。そのため、ケールをメインとして使っている青汁も多く販売されています。

ー大麦若葉
大麦若葉は、ケールと同じく青汁によく含まれている野菜で、ミネラルや食物繊維、ビタミンが豊富です。高血圧や便秘の解消サポートもしてくれます。

ー明日葉
明日葉には、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。何より、ほうれん草やケールよりもβカロテンが含まれているため、健康維持にぴったりの野菜です。

ーよもぎ
よもぎには食物繊維やビタミン類が含まれており、血行促進や造血の手助けをしてくれます。また、利尿作用があるため、デトックスやむくみ解消のサポートにも頼れる野菜です。

ー緑茶
サラッと青汁を飲みたい方は、緑茶が含まれている青汁がおすすめです。緑茶にはカテキンが含まれており、健康維持や口腔内・体内の抗菌もしてくれます。

ーモリンガ
モリンガは栄養価の高い野菜で、ダイエットやエイジングケアに向いています。心を落ち着かせてくれるGABAも含まれているのでリラックスサポートもしてくれます。

ーしまぐわ
しまぐわには、ビタミンやカルシウム、ミネラル、カルシウムが豊富に含まれており、糖尿病や肥満の対策にも向いている野菜です。

ーアキノワスレグサ(クワンソウ)
アキノワスレグサ(クワンソウとも呼ばれている)はリラックスや安眠のサポートをするオキシピナタニンが含まれています。気力サポートにもぴったりの野菜です。


②含まれている成分で選ぶ
青汁を始める理由は人それぞれ。だからこそあなたが青汁を始める目的を達成できる製品を選ぶことが大切です。そこで、あなたの悩みに合った成分が含まれているかをチェックしてみましょう。

ーβカロテン
抗酸化力のある栄養素で身体の皮膚や粘膜の機能をサポートしてくれる。

ー食物繊維
大腸まで届く成分で、便秘サポートや血糖値、コレステロールのサポートをしてくれる。

ーカリウム
身体に必要なミネラルの1つ。腎機能のコントロールやむくみ、高血圧の改善サポートをしてくれます。

ー乳酸菌
乳製品に多く含まれている乳酸菌。腸内のバランスを整え、便秘の改善やエイジングケアサポートをしてくれます。

ービタミン
ビタミンは健康維持に不可欠な成分。身体の調子を整えてくれるため、バランスよくしっかり摂取する必要があります。

ーミネラル
骨の形成や神経に関わる働きをする成分で、健康維持に欠かせない成分です。


③安全性で選ぶ
青汁は子供からお年寄りまで積極的に飲みたい栄養満点のドリンクです。そこで、より安心して続けるためにも安全性の高い製品を選びましょう。チェックして堀井のは以下の4つの項目です。

ー無添加
健康ドリンクとして人気の青汁ですが、製品によっては添加物だらけの商品もあります。たとえば、飲みやすくするための人工甘味料が含まていないか注意が必要です。

また、多くの青汁には賦形剤(ふけいざい)という、薬剤の量を増やして使いやすくするための添加物が含まれています。少量しか使われず危ない添加物ではありませんが、「完全無添加」の青汁を求めている方は賦形剤の有無にも注目してみてください。


ー有機栽培
青汁の材料のほとんどは野菜です。含まれている野菜が農薬不使用の有機栽培のものであれば、安全性も高く、子供にも安心して飲ませることができます。
「有機栽培の野菜を使用」と宣伝していても、実際は、材料の中の1種類のみが有機栽培野菜という場合もあるので、しっかり調べてから購入を検討しましょう。


ーカフェインフリー
野菜からできているから、青汁は全てカフェインフリーというわけではありません。実は大麦若葉や明日葉などにもカフェインが含まれているため、妊婦の方や子供は飲むときに注意が必要です。
カフェインフリーの青汁もたくさんあるので、気になる方はカフェインフリーかどうかしっかりチェックしましょう。


ー国産野菜使用
含まれる野菜が有機栽培かどうかを気にしている方は、野菜の産地についてもチェックしてみてください。海外で安全に栽培された野菜も多くあるため、国産にのみこだわる必要はありませんが、産地のわからない野菜は安全性に欠ける場合があります。高い安全性を求めている方は、国産のものの方が安心して摂取できるのでおすすめです。

青汁選びの基準と評価項目

ここでは、青汁の人気ランキングTOP20をつくるにあたって基準となった評価項目をご紹介いたします。今回は以下の10項目を基準としているので、購入する際の参考にしてみてください。

①1杯あたりの価格
青汁は毎日続けていく健康ドリンクです。そのため、1日あたりの価格が高すぎると金銭的に続けづらいですよね。経済的に続けていくのが不安な方は1日あたりの価格も参考にしてみてください

【1杯あたりの価格】


②1杯あたりのカロリー
ダイエット中の方は、1日のカロリーを気にしている方も多いはずです。「青汁はヘルシーだから!」と思っていると、「意外とカロリーが高かった」と後から気づくこともあります。1杯あたりのカロリーも最初にチェックしておきましょう。

【1杯のカロリー】


③無添加
青汁には、人工甘味料やでんぷんなどの賦形剤が含まれている商品が多くあります。安全に青汁を続けたい方は、無添加の製品を探してみましょう。

【無添加=○、添加物あり=×、不明=-】


④農薬不使用
子供からお年寄りまで安心して青汁を飲みたい場合は、有機栽培された野菜のみを使用しているかどうかもチェックしたいポイントです。また、産地のわからない野菜を不安な方は、しっかり産地が書かれているか、国産かどうかも確認してみましょう。

【有機栽培=○、農薬使用=×、不明=-】+産地


⑤身体の抵抗力維持
健康な身体を維持したいなら、外から入ったウイルスや細菌に打ち勝つ身体の抵抗力が必要です。そこで、βグルテンやビタミンなど身体の抵抗力の健康維持につながる成分が含まれているかどうかも項目の1つにしています。

【あり=○、なし=×】


⑥カフェイン
子供や妊娠中の方が青汁を飲むとき、カフェインの量に気をつけなければいけません。カフェインの取りすぎを防ぐためにも、できればカフェインフリーのものが好ましいですね。

【フリー=○、含まれている=×】


⑦お通じサポート
青汁を飲む目的の1つとしても人気の「お通じサポート」をしっかりしてくれるかもチェックしておきましょう。乳酸菌や食物繊維などが主にお通じサポートをしてくれる成分です。

【あり=○、特になし=×】


⑧リラックス・ストレスサポート
忙しい日々を過ごしている方は、リラックスやストレスサポートをしてくれる成分の含まれた青汁が好ましいでしょう。具体的には、モリンガやアキノワスレグサが含まれた青汁を選んでみてください。

【=○、特になし=×】


⑨ダイエットサポート
青汁を始める目的の1つである「ダイエット」。糖質や脂質のコントロールをしてくれる青汁や砂糖不使用の青汁もあるので、サポート内容に注目してみてください

【あり=○、特になし=×】+サポート内容(糖質・脂質サポート、砂糖不使用など)

⑩肌荒れ・エイジングケアサポート
いつまでも若々しく美しい見た目や肌を保ちたい方へ、肌荒れ・エイジングケアサポートに優れた成分が含まれている青汁もあります。ビタミンCやE、乳酸菌はその手伝いをしてくれるので、チェックしてみてください。

【あり=○、特になし=×】

青汁の人気おすすめランキングTOP20

それでは、青汁の人気おすすめランキングTOP20をご紹介いたします。青汁の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.8

脂肪・糖・便通にアプローチする難消化性デキストリンという食物繊維が豊富に含まれている青汁。血中中性脂肪や血糖値が気になる方、便通の健康ケアをしたい方にぴったりの商品です。大麦若葉、緑茶、桑の葉、明日葉、クロレラ、モロヘイヤの6種類の野菜を独自配合しています。

1杯あたりの価格
43円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
14kcal(1袋あたり)
無添加
農薬不使用
-
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○食物繊維(難消化性デキストリン 5000mg)配合
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
○ 脂肪・糖の吸収を抑える
肌荒れ・エイジングケアサポート
×
1杯あたりの価格
43円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
14kcal(1袋あたり)
無添加
農薬不使用
-
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○食物繊維(難消化性デキストリン 5000mg)配合
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
○ 脂肪・糖の吸収を抑える
肌荒れ・エイジングケアサポート
×

評価: 4.2

参考価格:1,291円




画像元: By Amazon

評価: 4.8

含まれている乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖が腸内菌をコントロールして、お腹の調子を整えてくれます。1袋に乳酸菌YK−1が500億個も含まれており、便通の健康ケアにぴったりの商品です。グルテンフリーの大麦若葉を原料とした青汁です。

1杯あたりの価格
41〜82円(1日1〜2袋)
1杯あたりのカロリー
11〜22kcal(1袋11kcal)
無添加
○香料、保存料、着色料不使用
農薬不使用
-
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○食物繊維(1.5g)+オリゴ糖(500mg)+乳酸菌(500億個)
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
×
肌荒れ・エイジングケアサポート
×
1杯あたりの価格
41〜82円(1日1〜2袋)
1杯あたりのカロリー
11〜22kcal(1袋11kcal)
無添加
○香料、保存料、着色料不使用
農薬不使用
-
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○食物繊維(1.5g)+オリゴ糖(500mg)+乳酸菌(500億個)
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
×
肌荒れ・エイジングケアサポート
×

評価: 3.7

参考価格:1,233円




評価: 4.8

野菜不足な方の栄養補給にぴったりのサラダ感覚で飲める青汁です。1日1杯朝に飲むだけでOKなので続けやすく、乳酸菌やカルシウム、ビタミン類など1日分の野菜がたっぷり含まれているので朝ごはんがわりにも◎大麦若葉やケール、緑茶など含めた20種類の国産素材でできています。

1杯あたりの価格
115円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
8.25kcal(1袋あたり)
無添加
○着色料、保存料、化学調味料など不使用
農薬不使用
-国産
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○植物性ナノ型乳酸菌(100億個)含有
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
○ 植物性ナノ型乳酸菌+酵素含有、糖類不使用
肌荒れ・エイジングケアサポート
○ビタミンC(レモン4つ分)含有
1杯あたりの価格
115円(1日1袋)
1杯あたりのカロリー
8.25kcal(1袋あたり)
無添加
○着色料、保存料、化学調味料など不使用
農薬不使用
-国産
身体の抵抗力維持
×
カフェインフリー
-
お通じサポート
○植物性ナノ型乳酸菌(100億個)含有
リラックス・ストレスサポート
×
ダイエットサポート
○ 植物性ナノ型乳酸菌+酵素含有、糖類不使用
肌荒れ・エイジングケアサポート
○ビタミンC(レモン4つ分)含有

評価: 4.5

参考価格:3,589円






おすすめランキング

PAGE TOP