おすすめランキング

有機栽培コーヒー

2021-03-21更新

評価: 3.8

昔ながらの懐かしさが漂うパッケージが特徴の有機栽培コーヒー。深煎りで濃厚なとろみが口全体に広がります。最初に苦味を感じ、最後に甘味が来るコーヒーで、一口ずつ楽しめるのも魅力的です。ブラックで飲むのはもちろん、ミルクや砂糖にも合うのでアレンジが効きます。コーヒーの酸味が苦手な方におすすめですよ!

メーカー
珈琲実験室
品種
ブレンド
産地
コロンビア、ペルー、グァテマラ、メキシコ
焙煎度合い
深煎り
安さ
◯(648円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
良い◯
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品)
メーカー
珈琲実験室
品種
ブレンド
産地
コロンビア、ペルー、グァテマラ、メキシコ
焙煎度合い
深煎り
安さ
◯(648円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
良い◯
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品)

評価: 3.8

参考価格:648円



コーヒー粉の特徴

コーヒー粉は、コーヒー豆を挽いて粉末状にしたものです。コーヒー粉が人気な一番の理由は手軽さです。朝の時間や仕事中など、忙しい時間でもお湯を注ぐだけなので手間が省けます。またコーヒーは、コーヒー粉末にお湯を注ぐだけだけの「インスタントコーヒー」とドリッパーにペーパーフィルターをセットしてお湯を注ぐ「ドリップコーヒー」に分類することができます。

インスタントコーヒーは、器具が不要でマグカップさえあればできるのが特徴。お湯を注ぐだけなので短時間でできちゃいます!反対に小包装のドリップコーヒーは器具が必要ですが、豊富な種類を展開しているため、コーヒー専門店のような味わい・香りを楽しめます。コーヒー豆を挽く工程が省かれるので、ドリッパーでも手軽さを感じるでしょう。

コーヒー粉のデメリットとしては、コーヒー豆よりも保存期間が短いことです。賞味期限を過ぎると香味の劣化や酸化により、味が変化してしまいます。開けたらなるべく早めに飲むようにしましょう。

コーヒー粉の選び方

では、数多く売られているコーヒー粉の中で自分に合った商品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

◯品種・産地で選ぶ
コーヒーにはさまざまな品種が存在しますが、スーパーなどで売られているのは「アラビカ種」「カネフォラ種(ロブスタ種)」の二種類です。原産地の環境により栽培状況も異なり、微妙に味わいや香りにも違いが出ています。それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

アラビカ種:エチオピア原産。世界で生産されるコーヒーの半数以上がこのアラビカ種です。強い酸味と甘い香ばしさが特徴。標高900m以上熱帯高地でしか栽培ができない厳しい条件下で生産されます。また雨や害虫にも弱く、栽培が難しい品種として知られています。
カネフォラ種:ロブスタ種とも呼ばれるカネフォラ種は、インドネシアやウガンダで栽培されています。名前は「強い」という意味を持つRobustから由来し、アラビカ種と比べて丈夫で栽培しやすい点が特徴。酸味や香ばしさは劣りますが、苦味を生かしてエスプレッソ用コーヒーとして使われています。

また複数の種類が含まれるものを「ブレンド」といいます。

◯焙煎度で選ぶ
コーヒー豆に熱と圧を加えることにより、コーヒー独特の苦味・酸味・甘味が生まれ、それを楽しんでコーヒーを選ぶ方も多いです。主に「浅煎り」「中煎り」「深煎り」と三つに分けられます。

浅煎り:焙煎したての状態でライトな色味が特徴です。苦味はあまり感じられず、フルーティーな香りが特徴。コーヒー初心者の方や苦手な方におすすめです。
中煎り程よい苦味と酸味がする中煎りは、バランスが取れていてブラックでもミルクを入れても美味しく飲めるので、飲食店でもよく使われています。
深煎りコクと苦味があるため、朝、目覚めの一杯に飲む方も多いでしょう。またしっかりとした香ばしさもポイントです。

コーヒー粉の評価方法

それでは、おすすめコーヒー粉をご紹介します。ランキングは以下の基準に沿って三段階で評価しました(◯/△/×)。自分にぴったりのコーヒー粉を見つけちゃいましょう!

①安さ
コーヒー粉の安さを以下の3つに分けて評価しました。購入前に予算を決めておくとある程度絞りやすいですよ。
◯〜1,000円 / △〜1,500円 / ×1,501円〜

②ミルクとの相性
ミルクと合うコーヒー粉を選ぶことで、カフェオレなど他のドリンクとしても楽しめますよ。焙煎度や商品の推奨で評価します。
良い◯ / まあまあ△ / ブラックがおすすめ×

③コク
バランスの取れた苦味や酸味、香りでかつ味わいをしっかり感じられるかを評価しました。
良い◯ / まあまあ△ / 足りないかも×

④認証の有無
サスティナビリティや生産者支援のを目的とし、各機関で定められた規定を通過した商品のみが称号を与えられます。「有機栽培コーヒー」「グッドインサイド」「バードフレンドリー」などが知られています。
有◯ / 無×

上の項目に加え、メーカー・品種・産地・焙煎度合いについても記載しております。ぜひ購入時の参考にしてくださいね。

コーヒー粉のおすすめランキングTOP10

それでは、コーヒー粉のおすすめTOP10をランキング形式でご紹介します。特徴の異なる商品を厳選したため、1〜10位まですべておすすめです。みなさんの探し求めていた商品と出会えることを願っています!
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.9

1864年創業の老舗コーヒーメーカーライオンコーヒーは、独自の焙煎方法でオリジナルの味を開発しました。バニラマカダミアフレーバーは、バニラの香りと適度な甘さが口の中に広がります。ハワイアンコーヒーとして知られ、味はミディアムダークロースト、トーステッドココナッツ、バニラマカダミアの3種類を販売。苦味がないため、コーヒーが苦手な方でもお試しいただけますよ。

メーカー
ライオンコーヒー
品種
ブレンド
産地
コロンビア
焙煎度合い
中煎り
安さ
△(1,500円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
良い◯
認証の有無
無×
メーカー
ライオンコーヒー
品種
ブレンド
産地
コロンビア
焙煎度合い
中煎り
安さ
△(1,500円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
良い◯
認証の有無
無×

評価: 3.7

参考価格:1,500円




評価: 4.9

サンフランシスコで創業された140年以上もの歴史を持つコーヒーメーカーHILLS。コーヒー愛好家の中でも、HILLSの名を出すと皆が振り向くほどの人気ぶりを持つブランドです。深みのあるコクと風味が特徴。しっかりとした苦味とマイルドな味わいを持ち、ミルクと合わせて飲むことも好まれています。苦いコーヒーが苦手な方は、HILLSのマイルドブレンドやスーパーマイルドがおすすめですよ!豊富な種類を展開をしているので、飲み比べるのも楽しそうですね。

メーカー
HILLS
品種
ブレンド
産地
ベトナム、ブラジル、他
焙煎度合い
中煎り
安さ
◯(576円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
良い◯
認証の有無
無×
メーカー
HILLS
品種
ブレンド
産地
ベトナム、ブラジル、他
焙煎度合い
中煎り
安さ
◯(576円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
良い◯
認証の有無
無×

評価: 4.7

参考価格:576円




評価: 4.9

環境保全を目指すレインフォレスト・アライアンス認証や、環境への負担を軽減した栽培方法を採用した日本有機栽培認定を取得した商品です。化学肥料の使用を避け、自然の中で育てられた有機コーヒー豆を焙煎しました。熱風焙煎機を使うことにより、焙煎時の微妙な温度までを調整。最大限の美味しさをぎゅっと凝縮させました。消費者を第一に考え、安心して美味しいコーヒー粉を提供した優秀な商品です。

メーカー
アートコーヒー
品種
ブレンド
産地
コロンビア、エルサルバドル、他
焙煎度合い
中深煎り
安さ
(1,166円)
ミルクとの相性
まあまあ△
コク
良い◯
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品、レインフォレスト・アライアンス認証食品)
メーカー
アートコーヒー
品種
ブレンド
産地
コロンビア、エルサルバドル、他
焙煎度合い
中深煎り
安さ
(1,166円)
ミルクとの相性
まあまあ△
コク
良い◯
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品、レインフォレスト・アライアンス認証食品)

評価: 3.9

参考価格:1,166円






おすすめランキング

PAGE TOP