おすすめランキング

オーガニックコーヒー プレミアムブレンド

2021-03-21更新

評価: 4.9

62年間、オーガニックにこだわり続けた麻布タカノから出たブレンドコーヒー粉です。オーガニックが流行する以前からオーガニック飲料を開発。さまざまな種類を展開し、異なった焙煎度合いや味、香りをお楽しみいただけます。こちらの商品は中深煎りで、ソフトな酸味、独特の苦味と甘味が調和しています。有機JAS規格にも適合しているため、消費者から大きな信用と人気を得た商品です。日常にちょっとした贅沢を付け足したい方におすすめですよ◎

メーカー
麻布タカノ
品種
ブレンド
産地
コロンビア、メキシコ、他
焙煎度合い
中深煎り
安さ
◯(756円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
まあまあ△
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品)
メーカー
麻布タカノ
品種
ブレンド
産地
コロンビア、メキシコ、他
焙煎度合い
中深煎り
安さ
◯(756円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
まあまあ△
認証の有無
有◯(日本有機栽培認定食品)

評価: 4.9

参考価格:756円



コーヒー粉の特徴

コーヒー粉は、コーヒー豆を挽いて粉末状にしたものです。コーヒー粉が人気な一番の理由は手軽さです。朝の時間や仕事中など、忙しい時間でもお湯を注ぐだけなので手間が省けます。またコーヒーは、コーヒー粉末にお湯を注ぐだけだけの「インスタントコーヒー」とドリッパーにペーパーフィルターをセットしてお湯を注ぐ「ドリップコーヒー」に分類することができます。

インスタントコーヒーは、器具が不要でマグカップさえあればできるのが特徴。お湯を注ぐだけなので短時間でできちゃいます!反対に小包装のドリップコーヒーは器具が必要ですが、豊富な種類を展開しているため、コーヒー専門店のような味わい・香りを楽しめます。コーヒー豆を挽く工程が省かれるので、ドリッパーでも手軽さを感じるでしょう。

コーヒー粉のデメリットとしては、コーヒー豆よりも保存期間が短いことです。賞味期限を過ぎると香味の劣化や酸化により、味が変化してしまいます。開けたらなるべく早めに飲むようにしましょう。

コーヒー粉の選び方

では、数多く売られているコーヒー粉の中で自分に合った商品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

◯品種・産地で選ぶ
コーヒーにはさまざまな品種が存在しますが、スーパーなどで売られているのは「アラビカ種」「カネフォラ種(ロブスタ種)」の二種類です。原産地の環境により栽培状況も異なり、微妙に味わいや香りにも違いが出ています。それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう。

アラビカ種:エチオピア原産。世界で生産されるコーヒーの半数以上がこのアラビカ種です。強い酸味と甘い香ばしさが特徴。標高900m以上熱帯高地でしか栽培ができない厳しい条件下で生産されます。また雨や害虫にも弱く、栽培が難しい品種として知られています。
カネフォラ種:ロブスタ種とも呼ばれるカネフォラ種は、インドネシアやウガンダで栽培されています。名前は「強い」という意味を持つRobustから由来し、アラビカ種と比べて丈夫で栽培しやすい点が特徴。酸味や香ばしさは劣りますが、苦味を生かしてエスプレッソ用コーヒーとして使われています。

また複数の種類が含まれるものを「ブレンド」といいます。

◯焙煎度で選ぶ
コーヒー豆に熱と圧を加えることにより、コーヒー独特の苦味・酸味・甘味が生まれ、それを楽しんでコーヒーを選ぶ方も多いです。主に「浅煎り」「中煎り」「深煎り」と三つに分けられます。

浅煎り:焙煎したての状態でライトな色味が特徴です。苦味はあまり感じられず、フルーティーな香りが特徴。コーヒー初心者の方や苦手な方におすすめです。
中煎り程よい苦味と酸味がする中煎りは、バランスが取れていてブラックでもミルクを入れても美味しく飲めるので、飲食店でもよく使われています。
深煎りコクと苦味があるため、朝、目覚めの一杯に飲む方も多いでしょう。またしっかりとした香ばしさもポイントです。

コーヒー粉の評価方法

それでは、おすすめコーヒー粉をご紹介します。ランキングは以下の基準に沿って三段階で評価しました(◯/△/×)。自分にぴったりのコーヒー粉を見つけちゃいましょう!

①安さ
コーヒー粉の安さを以下の3つに分けて評価しました。購入前に予算を決めておくとある程度絞りやすいですよ。
◯〜1,000円 / △〜1,500円 / ×1,501円〜

②ミルクとの相性
ミルクと合うコーヒー粉を選ぶことで、カフェオレなど他のドリンクとしても楽しめますよ。焙煎度や商品の推奨で評価します。
良い◯ / まあまあ△ / ブラックがおすすめ×

③コク
バランスの取れた苦味や酸味、香りでかつ味わいをしっかり感じられるかを評価しました。
良い◯ / まあまあ△ / 足りないかも×

④認証の有無
サスティナビリティや生産者支援のを目的とし、各機関で定められた規定を通過した商品のみが称号を与えられます。「有機栽培コーヒー」「グッドインサイド」「バードフレンドリー」などが知られています。
有◯ / 無×

上の項目に加え、メーカー・品種・産地・焙煎度合いについても記載しております。ぜひ購入時の参考にしてくださいね。

コーヒー粉のおすすめランキングTOP10

それでは、コーヒー粉のおすすめTOP10をランキング形式でご紹介します。特徴の異なる商品を厳選したため、1〜10位まですべておすすめです。みなさんの探し求めていた商品と出会えることを願っています!
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


画像元: Amazon.com

評価: 4.9

深煎りでしっかり苦味を出しつつ、適度な甘味も足したバランスあるコーヒー粉です。アラビカ種のみを使用することにこだわり、スローローストすることで深みのあるテイストを実現。新鮮で選抜されたコーヒー豆を使用しているため、家庭だけでなく、カフェやレストランでも好んで使われています。

メーカー
Classical coffee roaster
品種
アラビカ種
産地
ブラジル、コロンビア、メキシコ
焙煎度合い
深煎り
安さ
×(1,600円)
ミルクとの相性
まあまあ△
コク
良い◯
認証の有無
無×
メーカー
Classical coffee roaster
品種
アラビカ種
産地
ブラジル、コロンビア、メキシコ
焙煎度合い
深煎り
安さ
×(1,600円)
ミルクとの相性
まあまあ△
コク
良い◯
認証の有無
無×

評価: 3.5

参考価格:1,600円




評価: 4.9

あの人気店、スターバックスの店舗で飲むコーヒーの味が再現されていると口コミでも人気の商品です。わざわざ店舗に買いに行かなくても、新鮮なコーヒー粉が気軽に手に入るのでおすすめですよ。中煎りですが、割と苦味が強くミルクとの相性も抜群!パッケージを開けたときに広がる奥深い香りをぜひ堪能してみてくださいね。

メーカー
KIRKLAND
品種
産地
コロンビア、ブラジル
焙煎度合い
中煎り
安さ
×(1,780円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
まあまあ△
認証の有無
無×
メーカー
KIRKLAND
品種
産地
コロンビア、ブラジル
焙煎度合い
中煎り
安さ
×(1,780円)
ミルクとの相性
良い◯
コク
まあまあ△
認証の有無
無×

評価: 3.6

参考価格:1,780円




評価: 4.9

パッケージのデザインにもあるように、爽やかさ・華やかさがこの商品の特徴です。女性スタッフによって開発された、口当たりの柔らかいコーヒー粉!フローラルな香りが一瞬のひとときをハッピーにさせてくれます。苦味と酸味は同じくらいの割合で感じることができるのもこの商品の魅力です。

メーカー
小川珈琲
品種
ブレンド
産地
エチオピア、ブラジル、他
焙煎度合い
安さ
◯(885円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
まあまあ△
認証の有無
無×
メーカー
小川珈琲
品種
ブレンド
産地
エチオピア、ブラジル、他
焙煎度合い
安さ
◯(885円)
ミルクとの相性
ブラックがおすすめ×
コク
まあまあ△
認証の有無
無×

評価: 3.6

参考価格:885円






おすすめランキング

PAGE TOP