おすすめランキング

オプティックホワイトプラスシャイン

2021-02-12更新

評価: 3.9

アメリカで一番有名な歯磨き粉ブランド、コルゲートから出たホワイトニング商品です。ミントのフレーバーですっきり爽快感!またグルテンフリー・パラベンフリー・フタル酸フリーなので、安心してお使いいただけます。強い歯を保つフッ素とエナメルケアにより、高いホワイトニング効果を発揮します。また2,000円以内で手に入る手軽さも魅力の一つです。ペースト状なのですみずみまでしっかりとブラッシングをするよう心がけましょう。

メーカー
コルゲート
種類
ペースト状
成分
モノフルオロリン酸ナトリウム、プロピレングリコール、ピロリン酸カルシウムなど
安さ
△(1,550円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非
メーカー
コルゲート
種類
ペースト状
成分
モノフルオロリン酸ナトリウム、プロピレングリコール、ピロリン酸カルシウムなど
安さ
△(1,550円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非

評価: 3.9

参考価格:1,550円



ホワイトニング歯磨き粉の種類

ホワイトニング歯磨き粉の種類は「ペースト状」「ジェル状」「液体」と大きく分けて3つあります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、用途によって特徴を見極めることが大切です。

ペースト状
市販のものでよく見かけるのがペースト状のホワイトニング歯磨き粉です。多くの商品はホワイトニング効果が期待できる研磨剤と、泡立ちをよくする発泡剤が入っています。ペースト状は他の種類と比べて磨きやすいと人気ですが、泡立ちがいいため磨いたつもりでいることもあります。すみずみまで磨き忘れのないよう注意しましょう。

ジェル状
ジェル状のホワイトニング歯磨き粉は、ペースト状と比べ、研磨剤と発泡剤の量が少ないもしくは全く入っていないのが特徴です。電動歯ブラシでも歯磨き粉が飛び散る心配がありません。歯茎の炎症などで敏感になっている場合、ジェル状タイプをおすすめします。

液体
マウスウォッシュのように口の中で液体をすすぎ、その後歯を磨きます。液体なのですみずみに成分が行き渡り、高い効果が期待できます。歯の表面を傷つけることなくホワイトニングできるのがポイントです。

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

では、実際に数あるホワイトニング歯磨き粉の中で適切な商品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

◯低研磨性もしくは研磨剤不使用がおすすめ
研磨剤とは、炭酸ナトリウムやケイ素、粒状炭酸カルシウムなどの研磨成分が配合されています。歯の黄ばみや汚れを落とすホワイトニング効果を持ちますが、研磨剤の入ったホワイトニング歯磨き粉を使う際には注意が必要です。

研磨性のあるホワイトニングをブラシでこすり続けると、歯の表面が削られ、健康状態を悪化させる恐れがあります。実際にコインを使って実験してみると、確かにキレイに磨かれますが、文字や柄の部分が削れていることがわかります。成分によって、歯の表面を溶かす作用や削る作用などを持つ場合があるので、成分を理解した上で購入することをおすすめします。

普段は低研磨性もしくは研磨剤不使用のホワイトニング歯磨き粉を使うようにしましょう。黄ばみや汚れが気になったり、手っ取り早くホワイトニングしたい時など、一時的な使用用途として、研磨成分入りの歯磨き粉を使うことがおすすめです。

◯発泡剤不使用のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ
よく見落とされがちなすみずみのブラッシング。磨き忘れは、発泡剤入りの歯磨き粉を使っている場合に多く見られます。発泡剤とは商品に泡を生じさせる物質のこと。では、なぜその泡立ちが不十分なブラッシングの原因になるのか、説明していきます。

発泡剤の入ったホワイトニング歯磨き粉や普通の歯磨き粉は、短時間で「磨いた満足感」や「爽快感」を得られることが特徴。一見、よく捉えられるかもしれませんが、その錯覚がブラッシングを短時間で終わらせてしまいます。すみずみまで有効成分が行き渡らない状態で歯磨きを終えてしまうと、効果も激減してしまうのです。そういったリスクを回避したい方は、発泡剤は微量もしくは入ってないホワイトニング歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉の評価方法

それでは、おすすめホワイトニング歯磨き粉をご紹介します。ランキングは以下の基準に沿って三段階で評価しました(◯/△/×)。自分にぴったりのホワイト歯磨き粉を見つけちゃいましょう!

①安さ
ホワイトニング歯磨き粉の安さを以下の3つに分けて評価しました。購入前に予算を決めておくとある程度絞りやすいですよ。
◯〜1,000円 / △〜2,000円 / ×2001円〜

②低研磨性・研磨剤不使用の是非
歯の表面を削ったり、溶かす作用を持つ研磨剤。研磨成分の入ったホワイトニング歯磨き粉でブラッシングしすぎると、歯の健康状態を悪化させてしまいます。なので低研磨性もしくは研磨剤不使用の商品を選ぶようにしましょう。
◯是 / ×非

③少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
泡立ちをよくする発泡剤ですが、短時間で磨いた錯覚を起こしてしまうことで、汚れが落としきれなかったり、成分が行き渡る前にブラッシングを終えてしまう可能性があります。発泡剤は微量もしくは不使用をおすすめします。
◯是 / ×非

上の項目に加え、メーカー・種類・成分についても記載しております。ぜひ購入時の参考にしてくださいね。

人気のホワイトニング歯磨き粉おすすめランキングTOP10

それでは、ホワイトニング歯磨き粉のおすすめTOP10をランキング形式でご紹介します。特徴の異なる商品を厳選したため、1〜10位まですべておすすめです。みなさんの探し求めていた商品と出会えることを願っています!
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.8

人間の歯と相性のいい、卵殻アパタイト配合のパウダーホワイトニングです。「ホワイトニング」「口臭予防」「コーティング」の3つの作用を持ち合わせる優れもの!パウダータイプを採用することにより、細かい粒子で歯の奥にまでしっかり入り込みます。直接的に汚れを落としていくことで、スピーディーなホワイトニング効果が期待できますよ。100%天然由来成分配合の大人気商品をぜひお試しください。

メーカー
エクロール
種類
粉末状
成分
ヒドロキシアパタイト、シリカ、ピロリン酸Ca、ラウロイルグルタミン酸Naなど
安さ
△(1,430円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非
メーカー
エクロール
種類
粉末状
成分
ヒドロキシアパタイト、シリカ、ピロリン酸Ca、ラウロイルグルタミン酸Naなど
安さ
△(1,430円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非

評価: 3.8

参考価格:1,430円




評価: 4.8

リピート率91%を誇る沖縄生まれのホワイトニング歯磨き粉。アミノ酸高分子のPAAが、口臭や歯の汚れのもとのタンパク質を縮小させます。また汚れを落とすだけでなく、浮いた汚れを付きにくくするリンゴ酸も作用し、一石二鳥!歯茎にもしっかりアプローチをすることで、トータルケアの役割を担います。研磨剤・発泡剤・漂白剤・人工甘味料・パラベン・合成ポリマー・動物由来原料不使用の安心安全なホワイトニング歯磨き粉です。

メーカー
チュラコス
種類
液体
成分
濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、アラントインなど
安さ
×(6,578円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
◯是
メーカー
チュラコス
種類
液体
成分
濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、アラントインなど
安さ
×(6,578円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
◯是
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
◯是

評価: 4.1

参考価格:6,578円




評価: 4.8

おしゃれなパッケージでつい手に取りたくなってしまう商品です。歯を白くすることと歯の健康に考慮して作られました。白くなりすぎない健康的な色を引き出すため、マイクロシカというこだわりの成分を選出。微粒なので、成分を歯のすみまで逃さず絡めます。さっぱりして落ち着くハーブミントの香りが特徴的です。少し贅沢な歯磨き粉をプレゼントして贈るのもおすすめですよ。

メーカー
スモカ歯磨
種類
粉末状
成分
無水ケイ酸、ピロリン酸Ca、ラウリル硫酸Na、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2Kなど
安さ
△(1,800円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
×非
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非
メーカー
スモカ歯磨
種類
粉末状
成分
無水ケイ酸、ピロリン酸Ca、ラウリル硫酸Na、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2Kなど
安さ
△(1,800円)
低研磨性・研磨剤不使用の有無
×非
少量の発泡剤・発泡剤不使用の是非
×非

評価: 3.6

参考価格:1,800円






おすすめランキング

PAGE TOP