おすすめランキング

プラチナ万年筆/ プレピー

2021-01-28更新

評価: 4.9

ボールペンと同じくらいの値段で購入できるので、万年筆デビューでも手に取りやすい◎万年筆の弱みである「インクの乾燥」を約1年間防いでくれるので、たまに使いたい場合でも安心。インクの色も豊富なので、イラストを描きたい方にもおすすめです!

価格
グリップの太さ
色・デザイン
○細字/7色、中字/3色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
細字F、中字M
ペン先の素材
ステンレス
価格
グリップの太さ
色・デザイン
○細字/7色、中字/3色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
細字F、中字M
ペン先の素材
ステンレス

評価: 4.9

参考価格:330円



大人であれば一本は持っておきたい。万年筆の魅力とは?

入学祝いや就職祝いなどの贈り物として人気のある万年筆。大人であれば一本は持っておきたい筆記用具ですが、万年筆の魅力をまだよく知らない方も多いのではないでしょうか。

万年筆の魅力は3つあります。

1つ目は「長時間書いていても手が疲れにくい」点。ボールペンよりも軽いタッチで文字を書くことができるので、力を入れる必要がなく手が疲れにくいです。
2つ目は「自分の書き癖に馴染む」点。万年筆は革靴と似ており、使えば使うほど手や書き癖に馴染み、自分好みの使いやすいペンになってくれます。
3つ目は「半永久的に使うことができる」点。お手入れが不可欠にはなりますが、長く使うことができるので、値段以上の価値があるともいえるペンです。

ビジネスシーンやホテルのチェックイン時に持っているかどうかで相手の態度が変わることもあるほど、万年筆は自分の価値を表すものでもあります。

今回は、初心者の方でも使いやすい万年筆についてランキング形式で紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

使いやすい万年筆の選び方【3つのポイント】

初心者でも使いやすい万年筆を選ぶためのポイントとして、インクの補充方法・ペン先の太さ・ペン先の素材の3点について詳しくご紹介します。

【インクの補充方法】
インクの補充方法には、3つのタイプがあります。

①カードリッジ式
カートリッジを交換することで補充
・メリット=インク交換が簡単で持ち運びもしやすい
・デメリット=使用可能なインクが限られる

②吸引式
インク瓶からインクを吸わせることで補充
・メリット=いろんな種類のインクを使える
・デメリット=手やペンがインクで汚れやすい

③両用式
カートリッジ式と吸引式の両方が使える
・メリット=シーンや使いたいインクに合わせて補充できる
・デメリット=吸引する場合、容量は少ない

この中で一番使いやすいインク補充のタイプは「カートリッジ式」ですが、万年筆独特のインクを吸引して使用したい人は「両用式」もおすすめです。


【ペン先の太さ】
使用するシーンによって、おすすめのペンの太さは異なります。

手帳や日記など小さな文字を書く場合は「極細字EF」「細字F」手紙や大きめの字を書くときは「中字M」サインや配送物の宛名を書くときは「太字B」を選ぶようにしましょう。

また、商品によっては、「極細字EF」「細字F」「中字M」「太字B」以外にもペン先の太さの用意がある万年筆もあります。

初心者は筆圧を強く文字を書いてしまうことがあるので、「細字F」の太さから始めてみてもいいでしょう。


【ペン先の素材】
ペン先の素材は万年筆の値段によって質は異なりますが、文字の書きやすさにも関わる大事なパーツなので、しっかりチェックしましょう。

大きく分けてペン先の素材には5つの種類があります。高価な順に、「18K」「14K」「特殊合金」「ステンレススチール・スチール」です。

金を使った素材は最初は硬めの書き心地ですが、使えば使うほど馴染んで使いやすくなるので、長く使いたい方は「18K」や「14K」がおすすめです。

「使いやすい万年筆選び」の評価方法と基準

初心者でも使いやすい万年筆を紹介する前に、今回紹介する商品の評価方法と基準をご説明します。こちらの基準は各商品に記載しているので、参考にしてみてください。

①価格
万年筆の価格はブランドや商品によって大きく異なり、安いもので1000円以下、高いもの10万円以上します。値段の高い商品の方が機能性も高くおすすめですが、初めて万年筆を購入する方は価格の安いものから初めてみるのもいいでしょう。

・1000円以下◎
・1000〜5000円◯
・5000〜1万円△
・1万円以上×


②グリップの太さ
太めのグリップは、握りやすく安定して文字を書くことができるので、勉強中や長文の手紙を書く際に向いています。一方、手帳や簡単なメモ書き用で持ち運びも考慮したい場合は、グリップが細めのもので問題ないでしょう。

・細め◯
・普通△
・太め×


③ボディの色・デザイン
お気に入りの万年筆が欲しい方は、ボディの色やデザインが豊富な商品がおすすめです。選び際は、色違いやデザイン違いがあるかどうかもチェックしてみてください。

・色(デザイン)違いあり◯
・色(デザイン)違いなし×

種類数


上記の3つの評価基準に加えて、選び方で紹介した④インク補充方法、⑤ペン先の太さ、⑥ペン先の素材についても、基準として記載いたします。

初心者でも使いやすい万年筆人気おすすめTOP10

それでは、選び方や評価方法に基づいて、初心者でも使いやすい万年筆の人気おすすめランキングTOP10をご紹介いたします。こだわりの一本を探してみてください!
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.9

全体的にシンプルなデザインで、重量は軽め、持ち手の部分は細身にできているので、軽いグリップで文字を書きたい方におすすめ。ペン先が硬めなので、手帳などの小さい文字を書くときに使いやすい万年筆です。

価格
グリップの太さ
色・デザイン
○2色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
極細字〜太字(5種類)
ペン先の素材
ステンレスIPゴールド
価格
グリップの太さ
色・デザイン
○2色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
極細字〜太字(5種類)
ペン先の素材
ステンレスIPゴールド

評価: 4.1

参考価格:4,200円




評価: 4.9

知名度も高く、気軽に使いたい時におすすめの万年筆。デザインが少し独特で、小窓からインクの残量を確認することができます。ボディは丈夫な素材でできており、グリップも握りやすい設計になっているので、日常の何気ないシーンでも使いやすい◎

価格
グリップの太さ
色・デザイン
○8色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
極細字EF、細字F、中字M
ペン先の素材
スチール
価格
グリップの太さ
色・デザイン
○8色
インク補充
両用式
ペン先の太さ
極細字EF、細字F、中字M
ペン先の素材
スチール

評価: 4.5

参考価格:4,000円




評価: 4.9

インクの乾燥を防ぐことを研究して作られた万年筆。キャップをしたまま放置しても約2年間は使用することができるので、万年筆の使用頻度が高くない方にもおすすめ!ペン先の太さも7種類から選べるので、使いやすい太さを選んでみてください。

価格
×
グリップの太さ
色・デザイン
○5色
インク補充
カートリッジ式
ペン先の太さ
超極細〜極太(7種類)
ペン先の素材
14K
価格
×
グリップの太さ
色・デザイン
○5色
インク補充
カートリッジ式
ペン先の太さ
超極細〜極太(7種類)
ペン先の素材
14K

評価: 4.0

参考価格:13,000円






おすすめランキング

PAGE TOP