おすすめランキング

JBLJR300 子供向けオンイヤーヘッドセット(有線タイプ)

2021-01-28更新

評価: 3.7

ハーマンの持つ有名オーディオブランドJBLの作った、有線タイプの子供用ヘッドセットです。無線タイプと同じく、ヘッドバンド部がおりたためるコンパクトな設計で、持ち運びに便利です。有線タイプではSpiderRed/IceBlueの2色展開となっています。

サイズ・軽さ
★★★(108g)
着け心地
★★★
音量調整
★★☆
有線・無線
★★☆(有線)
コスト
★★☆
販売元
ハーマンインターナショナル
サイズ・軽さ
★★★(108g)
着け心地
★★★
音量調整
★★☆
有線・無線
★★☆(有線)
コスト
★★☆
販売元
ハーマンインターナショナル

評価: 3.7

参考価格:2,380円



子供用ヘッドセットを用意した方が良い理由

「ヘッドホン難聴」の恐ろしさ
近頃、子供の聴力低下が問題視されていることをご存知でしょうか。
大きな音を聞き続けていると、本来であれば加齢のため徐々に聞こえが悪くなるという症状が、若いうちから引き起こされてしてしまう恐れがあるのです。

ヘッドホンを着けて、音楽やゲームの大音量にさらされることが原因となるケースが目立ち、「ヘッドホン難聴(またはイヤホン難聴)」などと呼ばれます。

そのからくりは、耳の奥で音をキャッチする有毛細胞が、ある程度のボリュームを超える大音量の刺激を受けることで壊れ、その数が減少してしまうことにあります。

つまり、徐々に聞こえが悪くなり、一旦悪くなると治療自体が難しくなってしまうのです。子供には絶対に避けさせたい障害ですね。

ヘッドホン難聴は、騒音性難聴の一種です。治療は難しいですが、事前に騒音対策をすることで予防が可能です。WHOによれば、「安全でないレベルの騒音環境」として「85 dB、最大1日8時間を超えるもの」という指標が発表されています(※)

※WHO 2015年プレスリリース参照
https://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/ear-care/en/

子供の聴力を守るための対策
子供の聴力を守るには、大音量(85dB超)・長時間(8時間)で音を聴かせないようにする、ということは分かりましたが、具体的にはどのように対策したらよいのでしょうか。

子供用ヘッドセットおすすめランキングでは、必ず「子供の聴力を守る対策がなされているか」というポイントを確認しています。ヘッドセット(またはマイク付きヘッドホン)の機能としては、
① 出力音量が85dB前後までに制限されている
② ノイズキャンセリング機能
③ 高音質

などが、その機能に相当します。

②ノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音を消す働きです。音量は上げず、周りの騒音を消すことで、小さい音量のまま聞きたい音声を聞くことができます。

また、③高音質であれば、小さい音量でもクリアに音声が聞き取れますので、こちらもあると良い機能と言えます。

オンライン授業に適した子供用ヘッドセットとは

では、学習に適した子供用おすすめヘッドセット(マイク付きヘッドホン)とはどのようなものになるのでしょうか?オンラインゲームをするものと、何か違いはあるのでしょうか?

①子供の聴力を守る対策が施されていること
②装着していて疲れたり痛くなったりしないこと
③音声トラブルが起こりにくい(または起こっても対応しやすい)こと


といったように、難聴を防止することはもちろん、
フィット感や扱いやすさなどが挙げられます。

①②は説明するまでもないと思いますが、③については、例えばオンライン授業が音声トラブルで中断してしまうなど、学習意欲がそがれてしまう等の問題に配慮する必要があるのです。

大人にとっては、Bluetooth対応の無線タイプのヘッドセットやイヤホンマイクが手ごろで使いやすいと思われます。ですが、子供が使う場合には、例えば音声トラブルが起こった時に、スムーズに対処できるのは実は有線タイプのヘッドセットであるケースも多いのです。

「プラグの差し込みが甘い」等、有線で接続されていない問題は見た目に明らかですが、無線が接続されていないかもしれないで起こる音声トラブルを、オンライン授業を開催している側の先生が原因の切り分けをするのは、かなりハードルが高いですよね。

そういった意味では、お子さんが自分で対応できるレベルに達していない場合は、有線のヘッドセットの方が学習機会を失わないようにする、という点において、より安心と考えられます。

一方、オンラインゲーム用のヘッドセットは、動きやすさや好きな姿勢の取りやすさから考えて、無線タイプのものが適していると言えるでしょう。

子供用ヘッドセットの選び方

子供用ヘッドセットおすすめランキングでは、オンライン授業に適しているもの、オンラインゲームに適しているもの、それぞれの観点を取り上げて評価しました。

どちらのヘッドセットにも大切なことは、「子供の聴力を守る」ということです。

より確実な音声のやりとりを確保する、という点で、「授業は有線・ゲームは無線」というポイントをご提案しています。ご家庭によって、使用目的や、機器を取り扱うレベルなどが違いますので、お子様の状況に合ったものが選べるといいですね。

評価項目と基準

【評価項目】
子供用ヘッドセットおすすめランキングでは、以下の5点を評価項目としています。
①軽さ ②着け心地 ③音量調整 ④有線・無線が選べる ⑤コスト
の観点で評価をしています。

【評価基準】
★~★★★にて、それぞれの基準を設定します
①軽さ    ★★★ 100~149g ★★150g~499g ★500g~
②着け心地  ★★★ やわらかいイヤーパッドなど工夫されてるもの
③音量調整  ★★★ 最大音量が調節できる ★★音量が85㏈未満に制限できる
④有線・無線 ★★★ 両方とも選択できる ★★有線のみ ★無線のみ
⑤コスト   ★★★2000円未満 ★★2-4,500円 ★4,500円以上

子供用ヘッドセットおすすめランキング10選

大変お待たせ致しました。ここから、子供用ヘッドセットおすすめ10選をランキング形式でご紹介します。
どの商品も、安心してお子さまに選んで頂けるものばかりです。目的に合わせて、また気に入ったデザインのものなど、楽しんで探してみて下さいね!

※商品名が「ヘッドホン」とされているものの中に、マイクがあるもの・ないものが混在しているのがヘッドセット販売の現状です。ランキングにピックアップされている商品はすべて「ヘッドセット=マイク付きのヘッドホン」です。
この記事は2020年の調査をもとにしています。あくまで一つの参考情報としていただき、皆様の購入の選択時には、最新情報を複数のサイトでご確認ください。


比較商品


評価: 4.9

有線・無線の選べるキッズ用ヘッドセットです。独自の3レベルボリュームリミッター(75dB/85dB/94dB)を採用しているのが特徴です。それぞれ幼児・子供・大人に対する音量リミットを想定してフィルターを内蔵させています。着脱式のケーブルも付属していますので、用途に応じて有線・無線を選ぶことができます。専用キャリーケースに折りたたんで収納でき、幼い子供が大きく成長するまで、共に寄り添ってくれるヘッドセットと言えます。

サイズ・軽さ
★★★(187g)
着け心地
★★★
音量調整
★★★
有線・無線
★★★(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
Simolio Direct.jp
サイズ・軽さ
★★★(187g)
着け心地
★★★
音量調整
★★★
有線・無線
★★★(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
Simolio Direct.jp

評価: 4.7

参考価格:2,899円




評価: 4.9

耳元の羽根が愛らしくユニークなデザインの無線タイプヘッドセットで、パステル基調の4種類のカラーが選べます。音量がスイッチによって、ノーマルモードとキッズモード(103dB/85dB)を切り替えられるようになっていて、大人も使用可能となっています。

サイズ・軽さ
★★★(113g)
着け心地
★★★
音量調整
★★☆
有線・無線
★★★(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
Riwbox
サイズ・軽さ
★★★(113g)
着け心地
★★★
音量調整
★★☆
有線・無線
★★★(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
Riwbox

評価: 4.1

参考価格:3,099円




評価: 4.9

ユニークなデザインのヘッドバンド部が特徴のおしゃれなキッズ用ヘッドセットです。無線タイプですが、着脱するケーブル付属で、用途によって使い分けます。また、折りたたむことができ、専用のキャリーケースに入れて持ち運べます。

サイズ・軽さ
★★☆(360g)
着け心地
★★★
音量調整
★★★
有線・無線
★★☆(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
PowerLocus
サイズ・軽さ
★★☆(360g)
着け心地
★★★
音量調整
★★★
有線・無線
★★☆(Bluetooth対応・着脱式ケーブル付き)
コスト
★★☆
販売元
PowerLocus

評価: 3.6

参考価格:2,699円






おすすめランキング

PAGE TOP